退職願と退職届の違い

退職願と退職届は、一般的には辞表とも呼ばれています。

 

退職を願い出る場合に提出するのが退職願

 

雇用されている社員や職員などが一方的に

労働契約を解消する時に提出するのが退職届です。

 

とはいえ「会社を辞めたい」という意思表示であることに変わりはないので、

同等に扱われることが多いようです。

 

実際に提出する時は、会社の判断を待つ姿勢を示す場合は退職願を、

会社の意向に関係なく退職する気持ちを固めている場合は、退職届を出すと良いでしょう。

 

この書類は、会社が、どのような事情で社員が辞めたのか、

本人の意思を文書で確認し、記録を残すために、必ず提出しなければなりません。

 

退職願は、法律上、少なくとも退職を希望する日の14日前までには

出すように定められています。

会社によっては30日以上前などのルールが定められていることもあります。

 

テレビドラマであるように、唐突に辞表を突き出して、

「今日でこの会社を辞めます!」などと言う事は、

社会人として、あまりにも無責任な行動であると考えましょう。

 

 

退職届の書き方

退職届(退職願)には、①退職の理由、

②退職を認めてほしい旨のお願いの2点だけを書くようにします。

 

①については、「一身上の都合により」という形にして、

具体的なことには触れないのが一般的です。

 

退職の理由について述べる場合もありますが、その場合でも短く簡潔にまとめます。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL