退職金をもらおう

退職金というと、退職するときに受け取る、

まとまった金額の一時金を想像する人が多いですが、

実際は、厚生年金基金あ、税制適格年金など、

「企業年金」という形で支給されるケースもあります。

 

他にも、企業によっては、退職一時金の一部を、

在職中から給与として上乗せして支給している所もあります。

 

退職する前に、退職金の支給要件をよく確認しておくようにしましょう。
退職金の支払い形態や、金額、支払の時期などについては、

会社の退職金規定に記載されているはずです。

 

とはいえ、退職金は会社が任意で支払うものですから、

その支給額は会社によってマチマチで、

最近では、廃止しようとする考えも出てきています。

 

支給される場合でも、勤続3年程度では支払われないことも多いです。

あまり短期間しか勤めていない場合は、退職金は期待できません。

 

また、退職金の支給額を計算する場合、

1年未満の期間を切り上げることが多いですから、

退職日が数日違うだけでも、退職金の額が大きく違ってくることもあります。

 

なお、たいていの会社では、自己都合で退職する場合、

会社都合や定年で退職する場合よりも減額する傾向にあります。

 

とはいえ万が一、退職金規定があるにも関わらず、

会社から退職金が支払われないような場合は、

労働基準監督署に相談することで、会社に対して、支払の指導を行なってくれます。

 

 

退職金にかかる税金

退職金は、所得税の退職所得として課税されます。

 

所得税では、給与所得など、それぞれの所得の種類によって

税金の計算方法が違いますが、退職所得は、他の所得と合計せずに、

退職所得に税率を掛けて計算する分離課税です。

 

また、退職所得は、その年に受けた退職金から退職所得控除額を差し引くため、

たいていの場合は税金はかかりません。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL