退職後のやることリスト

会社を退職後、やるべきことは意外にもたくさんあります。

今までは会社の総務・人事がやってくれていた手続きを

退職後は全て自分でやることになるのです。

 

これからの将来への不安や希望はあるでしょうが、

まずは、やるべきことをきっちりやって、幸先の良いスタートを切れるようにしましょう。

 

社会保険といわれるもののなかで、退職の際に直接関係するのは、

雇用保険、健康保険、厚生年金の3つがあります。

 

社会保険の大原則は、「請求なければ給付なし」です。

自分で請求しなければ社会保険からは何も給付されません。

 

 

雇用保険

まず最初に、失業者として職業安定所(ハローワーク)で手続きをすることになります。

職業安定所での手続きに必要なのは

「雇用保険被保険者証」と、「離職票(退職証明書)」の2つです。

 

雇用保険被保険者証 に関しては、自分で持っている場合もありますが、

会社が保管していることも多いですので、退職時に返してもらっておきます。

 

離職票は退職時には発行されませんので、

いつ頃もらえるか、また受け取り方法について会社に確認しておきましょう。

 

 

健康保険

会社を退職すると、健康保険証を会社に返却することになります。

 

退職前に今加入している健康保険の任意継続をするか、

国民健康保険に加入するかを考えておきましょう。

 

健康保険の適用を受けるためには社会保険事務所へと足を運ぶことになります。

 

 

厚生年金保険

そして健康保険と同時に、社会保険事務所で年金の支払・請求の手続きをします。

 

年金手帳を自分が持っている場合は良いですが、

会社が保管している場合は返却してもらいましょう。

 

 

 

退職後のやることリスト

・退職所得の受給に関する申告書提出

・失業認定申告の手続き

・健康保険の任意継続手続き

・国民健康保険の加入手続き

・健康保険料の支払い

・継続療養給付の手続き

・厚生年金や国民年金の保険料の支払い

・配偶者の国民年金被保険者種別の変更

・特別支給の老齢厚生年金の給付申請

・扶養親族等申告書提出

・住民税の支払い

・所得税の支払い

・確定申告書の提出

 

手続きの中には期限が決まっているものもあります。

作業漏れがあると、後日、役所から通知書が来て、嫌~な気分にさせられることもあります。

 

間際になって持ち込み、万が一、書類に不備があったときは間に合わなくなります。

手続きは早め早めに」をモットーに行動しましょう。

 

 

退職後手続き一覧表

社会保険 自分で 会社から 手続きの場所 手続きの時期
雇用保険 住民票最近の写真1枚 離職票 公共職業安定所 離職票到着後すみやかに
健康保険 任意継続の場合住民票 市区町村役場 退職後20日以内
国民健康保険加入の場合は離職票
または
健康保険資格喪失証明書の写し
退職後14日以内
厚生年金保険 戸籍謄本住民票健康保険証の写し 社会保険事務所 受給資格ができたらなるべく早いうちに





お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL