退職を考えたときに準備しておくこと

仕事を辞めよう、と思っている方、

退職してからの生活についてきちんとプランを立て、準備をしていますか?

 

まず、感情的になって辞表を出すのは止めましょう。

感情的な気持ちというのは一年もたてばほぼ必ず収まるものです。

しかし、もしあなたが2年も3年も退職を考えているなら、

転職などをプランに立てて準備をして安心した状態で退職しましょう。

 

退職したあと、あなたはあと何年くらい働く予定なのか、

退職時の貯蓄はどの程度あるのか、

退職したあとしばらくは休息期間が必要か、

そのまますぐに転職して働いてもいいと思っているかなど、

考えることは山ほどあります。

 

転職するにしても、即日から始めなくても良いという条件で雇用してもらえることもできます。

転職前に何か資格を取っておくと転職もしやすいです。

 

ですから退職する時のキーポイントは、なんといっても「計画」と「準備」です。

退職したあとは、健康保険を切り替えるとか、

失業期間があるなら失業保険が出る期間を調べておくとか、

年金のことなども市役所に尋ねて準備をすることができます。

 

ただ、この諸々のものは上手に損をしないように移行することが大切ですから

しっかりと調べましょう。

 

そして、会社に不満があり辞める場合でも、

退職時にはできるだけ円満に辞められるようにしましょう。

何故かというと、世の中というのはどこでどうつながっているかわかりません。

会社とトラブルを起こして辞めた場合、次の仕事に尾を引くこともあり得ます。

お勤めさせていただいた会社への恩は忘れないように、

しっかりと感謝を表して退職していきましょう。

 

もちろん、飛ぶ鳥あとを濁さずということわざがあるように、

仕事もしっかりと整理して引き継いで、

できればですが、皆さんから惜しまれるくらいで退職できるようにしたいものです。

 

転職をする場合には、現在の仕事で不満があったところが

改善されるような職場・職種を探しましょう。

 

意外とありがちなのが、何度も転職しても同じような問題に見舞われるということがあります。

現職では何が不満なのか、どうして退職したいのか、

をよく見極めることが次のステップには大切なことです。

紙に書き出すと頭の中を整理することができます。

 

また、辞める前に、不満を上手に上司に相談してみることも大切です。

一人では悩まないことです。

現職のままで不満が解決できることもないとは限りません。

退職したあとは、よほど準備をして計画をしっかり立てていない限り、

新しい環境や人間関係、仕事内容になれるのに大きな労力が必要です。

そのことを覚悟して、できる限りの手を打ってみてください。

必ず未来は開けると思います。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL