退職のタイミングと退職までに行う事。

退職をするにあたり理由はみなさん様々だと思いますが

退職の意思を会社に告げるタイミングや

退職までにやっておきたい事ってあると思います。

 

労働基準法にあるように退職届けを出すタイミングは

実際に退職するまでには最低限必要なのが2週間なので

退職日の2週間前までに届ける必要があります。

 

しかしながら勤務している会社規約により退職届けの規定がある場合が多いです。

一般的には退職日の1ヶ月までと記載されている場合が多いです。

 

退職するとしてもお世話になった会社との円満な退職をするのが望ましいと思いますので、

会社規約に乗っ取った期限を厳守した方が望ましいか思います。

 

会社の勤務体制によりますが、シフト制であれば2週間前の退職届けとなると

シフトを作成する際の変更やヘルプを要請する必要出てくる場合もある為、

このような可能性を考えると一ヶ月前が望ましいかと思います。

 

また引き継ぎも重要な事で、同僚や顧客が困らないよう

自分が請け負った仕事の引き継ぎはしっかり行いたいところです。

 

引き継ぎ自体仕事内容によると思いますが

話を通すだけであれば2週間で充分かと思いますが

これがスキルや知識を要するようであれば引き継ぎは早いに越した事はないと思います。

 

事務などの仕事であればPC入力の際にどのフォーマットを使用するのか?

入力の手順、場合によっては入力した情報を何に使うのか?

も必要になります。

 

入力した情報を何に使うか?

は上司が使うのでそれを知る必要はないと感じる方もいますが、

何に使うのかを知っているのと知らないのでは最終的に出来上がった情報の質に影響してきます。

フォーマットを編集をする時、知っていた方が必要項目、不要項目を更新する事ができます。

 

またPCスキルを必要とする場合はPC操作を教える必要があります。

その為にも引き継ぎのタイミングは早い方が良いかと思います。

 

上記の内容はPCに限らず書類の作成や管理など

多岐に渡る事に共通しているかと思いますので

常に教育を行い、退職時に急いで引き継ぎを行うというより

引き継ぎか必要ないほどのスキルを保持した従業員を育てる事が本当は良いのでしょうが

人間、中々必要に迫られなかったり危機感を感じないと本格的に覚えようとする人は少ないので

やっぱり教育は難しいですよね。

 

顧客への退職のご案内や挨拶も必要であれば行った方が良いですし、

誰が担当を引き継ぐのかもしっかり決める必要もあると思います。

 

円満に退職するには最低限一ヶ月前に退職の意思を告げ、

同僚への引き継ぎ、不明な点の解決、顧客へのご案内など

やる事は沢山ありますがこれが円満退職の基本だと考えます。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL