退職のタイミングと挨拶

現代の日本では、一つの会社で

定年まで勤め上げる事は

難しくなっています。

全ての企業がそうとは言う事はできませんが、

終身雇用と言う言葉は現代では成り立たなくなりつつあります。

 

この状況下でそれぞれが身を守るためには、

環境の良い職場に身を置く事が一つ言えます。

いかに解雇などのリスクを避けるかは非常に重要です。

最近では解雇になる事は他人事ではなく、

誰しもが経験しうる時代です。

 

特に年齢を重ねてからの解雇は、非常に厳しい状況を生みます。

日本では、年齢が高くなるとその分、再就職が難しくなります。

資格など経験などの要素は考慮されるでしょうが、それも確実とは言えません。

いかに早く決断し、良い環境を獲得するかが大事です。

 

一社目で理想の環境が手に入るのであれば

それにこした事はありませんが、

そんなに上手くいく事ばかりではありません。

そういった場合に次の転職先を探し、運よく見つかった場合、

退職を考えなければなりません。

その際の挨拶のタイミングをしっかりと検討しましょう。

 

現在の職場で仕事を抱えているのであれば、

その仕事の区切りまでは行うべきです。

中途半端に投げ出しては、社会人としても良くありません。

円満退職がその後の人生もより良いものを築く可能性もあります。

特に次の転職先で前職との取引がないととは言い切れませんし、

円満退社でないと最後の給料などの遅延など

最悪支払われない事も問題としてあり得ません。

ですのでぜひ円満退社を目指しましょう。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL