退職のスピーチで円満退社を目指しましょう

人間的な成長あるいは

より良い職場環境の模索など

様々な理由で会社を退職し、

転職などを考える方が少なからずいらっしゃるでしょう。

 

景気が回復してきているとはいえ、

先行きの不安はぬぐいきれません。

企業の成長やその後の未来を考えて、

見切りをつける能力も現代では必要である場合もあります。

それは、身を守る上でも大事です。

 

ある日いきなり、解雇されては損なだけです。

少しでも理想に近づくためには転職も必要な場合があります。

転職の際は、現在の仕事を行いながら、

活動する事が望ましいと言えます。

 

収入がない状態で職を探すのは非常に危険です。

どうしても仕事をしながら、職を探す事が必要です。

この時に現在の職場で転職を考えている事を知られてはいけません。

全ての企業に言える事ではないでしょうが、

円満退社を目指すのであれば、こういった行為に関しては

正当性があっても知られない方が無難です。

 

そして次の職が決まって、すぐに退社しようと考えるのも良くありません。

まずは現在、抱えている仕事がないかしっかり考え、

なければ余裕のある期間内に退社の意思を伝えましょう。

そしてその期間で引き継ぎをしっかり行いましょう。

そうしないと社会人としても良くないですし、その企業の印象も良くありません。

ぜひしっかりと最後まで気を抜かずに行いましょう。

 

最後に退職のスピーチなどを行う際は、最後だからと言いたい事を言うのではなく、

その後の付き合いも考え、感謝の旨を伝える方が円満退社に近づきます。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL