退職する時に考えべきこと

企業に務めていて退職や転職を考えている方は多くいらっしゃると思います。

退職で知っておけばよいことをお伝えさせていただきます。

 

退職する前に考えなければいけないことは二つあります。

退職は職が無くなるということで、そのため収入が途絶えることがあります。

悩まないといけないことは、退職後どうするかが重要なことになります。

 

退職後はゆっくりしてのんびり次の職を探すのか?

退職前に次の職場を決めておくのか?

この二つをどちらかを選択することが重要です。

 

二つには互いにメリット、デメリットが存在します。

それをご紹介していきます。

 

退職を決意し、のんびり過ごしたい方は

まずは辞めて直ぐにハローワークに向かいましょう。

そこで失業保険の手続きをすぐに行います。

そうすることで、のんびりしていても

退職理由にもよりますが自己都合であれば約3か月後に失業保険がいただけます。

更に、手続き後に次の職が決まれば再就職手当をもらえることもあります。

(再就職手当には決まりがあります)

お金に余裕があり、のんびり決める方は更にお金に余裕ができ、

充実した転職活動ができます。

 

しかし、デメリットもあります。

もちろん、失業保険や再就職手当を充てにし

なかなか職につくことが出来なくなる人も少なくないのです。

そのため、職に就くことは大前提でその道を選ぶことが望ましいです。

 

次に退職前に次の職を決めてしまう人です。

退職前に決めてしまうことは、次の職にもスムーズに入社出来るので

めんどうな手続きが不要なことが多いです。

仕事に対するブランクも無いのでいつもと変わらない毎日をすぐに送れるようになります。

職が無くならない安心感を得ることができ、

収入が途絶えることもないので苦労することは環境の変化くらいでしょう。

 

デメリットは失業保険や再就職手当が給付されないことや、

職に就きながら転職活動をしないといけないため大変ではあります。

 

どちらを選択するかで大きく行動も、収入も変わってくるので

しっかり考えた後に退職を考えることをお勧めいたします。

 

退職も退職願いを受理されれば、すぐにできますが、

会社の規定もあるため計画的な退職が一番好ましいと言えます。

 

最後に退職時期も大切です。

ボーナス前の退職は極めてもったいないと言えます。

更に年末の退職には確定申告の時期にもあたるため、退職次期も考える必要があります。

 

退職は企業にも異なりますが、簡単に受理される会社もあればされない会社もあります。

会社側は会社の有利になるように勧めたいのがもちろんです。

そのため、『はい』と言いなりに辞めてしまうのはよくないです。

会社の方針を理解した上で互いの合意の契約で

退職できる方向にもっていくことが理想退社と言えます。

 

退職をする前に調べてから退職するだけで

次の方向が大きく変わりますのを是非覚えていてほしいです。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL