退職する前にするべき行動

退職を考えた時に思いつく行動といえば

上司に辞める事を伝え、退職までに仕事の引継ぎ・整理をすることだと思います。

退職する時に取るべき行動を紹介したいと思います。

 

 

1.源泉徴収票,離職票の貰う日にちを確認しておく事

これらを渡さない会社はまずないと思います。

基本的、これらを渡す事は会社側の責任があるからです。

しかし経理がしっかりとしていない会社だと、なかなか行動にしてくれず

3ヶ月~半年もかかったなどという話しはよく聞きます。

 

源泉徴収票,離職票は退職日が来てからではないと作成が出来ません。

なので退職日前より貰うことはまず不可能です。

迅速に行動してくれる会社でも大体3週間程度はかかるのが普通です。

 

早く貰わなければいけない理由とは、一体何でしょうか。

 

・失業保険の手続きが行えない。

すでに次の職場が決まっている人は、あまり必要がないかもしれません。

しかししばらくは仕事を控えるや、就職活動を辞めてから行う人には大変重要な問題になります。

失業保険の手続きを行うためには“会社を脱退したことを証明”するために離職票が必要となる訳です。

(ここで一応注意してほしいのが退職理由です。

退職理由が自己都合になると再就職が困難,失業保険の給付の遅れがでます。)

 

源泉徴収票は、年末に必要となります。

新しい会社に就職した場合には必ず、前の会社での源泉徴収票の提出を求められます。

以前の会社で働いていた源泉徴収票がないと年末調整が行えないので、

会社ではしてもらえず自分で手続きに行かなくてはならなくなります。

 

稀なケースですが、辞めてから源泉徴収票が来ていない事に気付き会社に言ったところ

「個人で出すことはできない。年末に在職している社員と一緒に出すから無理だ」

とすぐに出して貰えなかったというケースがあります。

そうすると現在働いている会社への提出日までに、源泉徴収票は貰えず年末調整が出来なかった。

という事もあるのです。

 

辞めてからも以前働いていた会社とやりとりをするのは時間も気も使いますので、

出来るだけ退職日以降は関係が続かないようにできるのが理想ですよね。

 

 

2.有給休暇の消化

これを残して退職するのはもったいないですよね。

半年以上継続して働いた人には必ずある権利ですので、しっかりと使い辞めたいものです。

 

気をつけなければいけないのは有給休暇は2年以上分は無効となることです。

人数や仕事の都合上、休みを取ることができないという人は“有給休暇の現金化”を申請してみましょう。

これは休みの分を現金化し給料に上乗せしてもらう方法です。

ただ現金化に関しては、会社側は拒否することも可能なので注意しましょう。

しかし理解のある会社だと給料に上乗せしてくれるので、言ってみる価値はあります。

 

いかがでしょうか。

会社を辞めるときには、後に引きずらないよう心掛けるようにしましょう。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL