私が会社を辞めるまで

まずは会社を辞めようと思ったきっかけは、

会社での人間関係に疲れたからというのと、将来に不安を感じたからです。

上司と折り合いが悪く、些細な事で怒られていたので本当に会社に行きたくなくなり、

業務も怒られないように怯えながら業務をして

その緊張でミスを繰り返すという悪循環に陥っていました。

 

そして転職を決意し、無事転職を決めましたが、

問題は上司にどうやって伝えるかが問題でした。

 

当時営業で案件を抱えていた私はそちらを終わらせようとしていたのもありますが、

上司も大きな案件を抱えていたので、上司も常にピリピリしていた状態だったので、

辞意を伝えたら怒られると思っていました。

 

しかし、転職先も決まっていたので意を決して伝えることにしました。

それが転職先に入社する一ヵ月前でした。

 

法律的には2週間前に伝えればいいことは知っていましが、

2度目の転職だったのでデッドラインが一ヵ月前かなと思っていたのでその時期にしました。

 

辞意を伝えたところ意外と辞意を受け入れてくれました。

そして業務を引き継ぎ期間という事で一週間かけて業務を引き継ぎぐ事にしたのですが、

ここで大変な事が起きました。

 

上司が、私が持っている取引先の名刺をよこせと言ってきたのです。

その時私はしまったと思いました。

なぜなら、もらった名刺を何枚か処分してしまっていたのです。

これは本当に失敗でした。

仕事で貰った名刺は個人情報なので処分しなければならないと決め込んでいた私は

頂いた名刺の大半を捨ててしまっていたのです。

 

前職を退職する際も同じように名刺は処分していたので、

何も違和感なく名刺を処分していたのですが、

引き継ぐ際に上司が引き継いだ先の取引先がわからない

という事までは頭が回っていませんでした。

これには上司も大激怒し、かなり怒られました。

 

そして問題はこれからなのですが、上司がその事に腹を立てて、

もう会社に来なくていいと私に言ってきたのです。

私は出ますと言っても、

「もう来なくていい、お前からは何も引き継ぐ事はないようだし、邪魔だ」

の一点張りでした。

 

しょうがなくその日から有給扱いで退職日まで会社に出なくてもいいことになったのですが、

退職日当日になり上司から携帯に電話がきました。

転職先は退職した会社からは少し距離があったので引っ越しをして、

転居先にて荷ほどきをしていたのですが、

上司からは「出なくていいと言ったが、本当に来ないとか、有り得ない」

という怒りの電話でした。

もう来なくて良いと言ったのは向こうでしたが、

上司はそれでも私が会社に行き、引き継ぎをしてくれるもんだと思っていたらしいです。

 

このように、辞める際は穏便に辞めたいものですが、

私のように上司と険悪なムードな方もいると思います。

その際はあと少しの我慢だと思って、耐えましょう。

 

穏便に辞めたほうが、気分的に楽になりますし、いい気分で辞められます。

普段から仲が悪い方もいるとは思いますが、

あと少しだと思って猫を被ってでもいいので穏便に皆さんもやめましょう。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL