円満に退職するには

退職する際、やっぱり円満に退職したいですよね。

私が退職した時は、幸いにも円満にかつ今でも仲良く交流がある関係でした。

 

まず、退職の意思を伝えるタイミング。

これはできるだけ早いタイミングで伝えた方がいいと思います。

管理職の人は、辞める人が出た瞬間に

後任・新しい人員・資料の引き継ぎなどを考えなくてはいけません。

 

辞める理由は人それぞれかもしれませんが、

円満に退職したいのであれば残されたメンバーのことを考える事が、

円満な退職のポイントだと思います。

また、早めに伝えることによって十分な引き継ぎもできる為、

お互いにスッキリした状態で退職できます。

 

そして、上長に意思を伝え退職日が決まったあとは、社内への報告ですね。

これも会社によってさまざまかもしれませんが、

私が考えるベストタイミングは2・3か月前に発信することです。

 

突然「来週から有給消化に入り退職します。」と言われると、

何も知らされていなかった社内のメンバーは、当然「え?いきなり?」となります。

たとえ関わりが少なかった人や部署だったとしても、

突然すぎるのは印象もよくないですし、円満な退職とは言えません。

 

私の場合は、3か月前に発信しました。

ちょっと早いかな?とも思いましたが、

退職する3か月の間に、社内のいろいろな人に「やめないでよー。」などといじられながらも、

残りの日数を惜しみながら過ごしていました。

また、退職の意思も伝え退職届も提出した。

 

となると気持ち的にも緩みがちです。

私も2・3か月後には関係者じゃなくなる。

という責任が下りた感覚はすごく気持ちが楽になりました。

 

でもそれで、残りの日数で行う業務に支障が出ては、元も子もありません。

今までどんなに仕事に対して、完璧に行っていたとしても

最後の印象が、その人のイメージとなって貼りつきます。

せっかく培ってきた、ベストなイメージをちょっとの気の緩みで崩れないよう

最後の最後まで気を張って、業務にまっとうしてください。

そうすることで、残されたメンバーには好印象で覚えてもらえると思います。

 

あとは根本的な問題になってしまいますが、日頃から社内メンバーとは、

上手く人間関係を築けていたので忌み嫌われることなく、退職できたのかもしれません。

そう考えると、退職しようと思った時から人間関係を修復するのではなく、

日頃から良い関係を築いていくのが、

最終的に退職となったときの円満に退職する為の最大のポイントだと思います。

 

退職することは全然悪いことじゃなくて、

自分自身の新しい可能性を見つけるターニングポイントだと思うので、

円満な退職をして綺麗さっぱりした気持ちで次の職場に挑みたいですね。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL