伝えていいこと伝えない方がいいこと。

会社を辞めるときなど退職の理由の言い方伝え方で

「本音でバカ正直に話してトラブルにならないか」とか

「どうせ辞めるんだから最後に言いたいこと言ってやる」

とかいろんな理由を考えて悩みますね。

 

そしてさらには転職活動中に退職理由を聞かれる場合もありますね。

これは必ずって言っていいほど聞かれますね。

その時に今勤めてる会社の悪口を言ってるつもりじゃなくても転職先には悪く伝わる場合が多いです。

それは単純な理由で何もなければ退職する必要がないわけで

何かしらそれなりの理由があって退職するのだから

転職先からは多少なりとも疑われるかもしれません。

ですので勤めている会社と転職先どちらにも上手く伝えないといけません。

 

まず退職ですが相手が納得でするかどうかです。

確かに労働監督署やハローワークでは退職は辞める二週間前に伝えることって提唱しています。

なので最悪二週間前に会社辞めますって言って退職届提出すればそれで簡単に退職できます。

しかしこれはあくまでも最悪のパターンであって

やはり世間一般常識からすると最低一ヶ月前に伝えるのが無難でしょう。

 

そして退職する意志を直属の上司に伝えて退職する時期や引継ぎなどどうするのか相談しましょう。

まあ、当然ながら形式上ではあるけど一応慰留されるかもしれませんので

そのときのためにも納得してもらえるようにちゃんとした正当性のある誰もが聞いて

「なるほどそれなら仕方ないなあ」とか

「そういう理由なら納得」って思われるくらいの退職理由は考えておきましょう。

 

これは以外と重要で会社で必要ない人間なら慰留は言葉だけで結局は慰留されません。

ですが会社で必要な人間、辞められては困る人だと慰留されて

さらには優遇条件を付けて引き留めに入ります。

ですのでここはしっかりとした退職の意志や決意を持って挑みましょう。

 

そして今までに仕事でお世話になったことなど感謝の気持ちや

これからのつながりを大事にしていく気持ちを

言葉に上手く表して伝えることによって円満な退職ができます。

 

そして最後になるべくなら避けたほがいい伝えない方がいいことを書きます。

それは退職理由で嘘をついて辞めることです。

見栄張って嘘をついて退職して後からばれたら意味がありませんし

後味が悪くなって退職後の付き合いも途切れてしまいます。

ですのでどんな退職理由であっても必ず正直言って嘘は付かないことです。

 

今までなんだかんだ世話になった会社なので

最後くらいはきちんとして円満退社で終わりましょう。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL