会社へ退職を伝えるベストなタイミングは3か月前から半年前!

私の夫はメーカーの営業職でいわゆる転勤族です。

都内で夫婦共働きでしたが、結婚2年目が経とうとしていた2月下旬、

仙台への夫の転勤が決まりました。

 

いつかは転勤が来るとはわかっていたものの、いざ決まるとやはり大慌てになります。

バタバタと転勤の日になってしまいます。

そして付いていく身になると急すぎて、不安がどっと押し寄せてくるのです。

 

正社員で働く私にとって、その話は3月に退職するには急すぎました。

そして自分自身、辞めたくないと思ってしまっていたのです。

 

そこで急遽夫婦で話し合い、あと半年は辞めずに仕事をすることになりました。

その間、私は実家から会社へ通い、一か月に一回は

お互いに東京と仙台を行き来する生活が始まりました。

 

4月になると新しい年度が始まり、新しいメンバー構成で役割が振られます。

私は上司から、ある班のリーダーの補佐を任じられました。

それは一年を通じて付く役割で、途中で辞めてしまうことになる為、

秋には退職することを決めていた私は、4月の時点で辞める意向を伝えました。

 

早く退職を伝えることには、メリットもありますがデメリットもあります。

メリットは自分も周囲も(上司にしか伝えていませんが)準備ができるという点、

デメリットは「どうせ辞めるから」という考えが働き、

本人のパフォーマンスが落ちたり、仕事内容が継続性のない単純なものになりやすいという点です。

 

私の場合、デメリットはあまり感じませんでした。

というのも、春の為仕事の多くが教育係だったからです。

秋までの期限がある私にとってピッタリの仕事でした。

しかも自分の後任を自分で育てることができたことは、引き継ぎ作業にも繋がりました。

後輩の成長を見られなくなってしまうことは寂しいことでしたが、

与えられた仕事をこなしていたことで、最後にコンペにも参加させてもらい、

とても充実した半年間を過ごすことができました。

 

会社に退職を伝えるベストなタイミングは3ヵ月前から半年前だと思います。

早く退職を伝えていたことで、退職の手続きもとても円満且つスムーズに進めることができました。

退職届の提出時も、直属の上司から話が通っていた為、

重苦しい雰囲気になることはありませんでした。

 

半年の期間を設けたことは、仕事にとって利点が多かったのですが、

私自信の心の準備もしっかりとすることができました。

当分は仕事をせず、専業主婦になるということ、

仙台という見知らぬ土地で暮らすということ、

転勤族なのでこれから自分のキャリアをどうするか。

 

答えの出ないものもありますが、さまざまなことを一人で良く考え、

覚悟する良い時間を過ごすことができました。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL