仕事を辞めた理由と今私が思うこと。

私が今の会社に入る前の会社を辞めようと思った主な切っ掛けは金銭面が理由でした。

当時働いていた仕事内容も納得のいくようなものではなかったですし、

楽しいものでもありませんでした。

 

何より酷使して働いているにもかかわらず給料が変わらない、

仕事に対するモチベーションも上がらず、納得のいくような給与ももらえない、

それがこの先ずっと続くのかと思うととても我慢できるようなものではありませんでした。

体力的なものを見てみても年々体力は落ちていくのに

自分の体力を持たせる自信もありませんでした。

 

そんな数々の不満をどうにか維持できるためのモチベーションが金銭面だったのに

それも叶える事が出来ないとなると

この会社で自分の出来ることはないだろうと考えたからです。

 

モヤモヤしながらずっと働くという事が出来なかったので思い立ったらすぐ行動に移しました。

特に役職や責任ある立場にいたわけではなかったのですが、

その時の仕事を無責任にも放り出す訳にもいきませんので

きっちりと仕事を引き継ぎするための時間を持ってもらうための時間をとってもらえるように

少なくとも一月以上の時間がいるだろうと思い、

その辺も踏まえて上司に自分の辞めたい旨を伝えました。

 

そこにたどり着くまでに辞めたい理由と次に何がしたいのか、何ができるのかをしっかりと考えて

辞める日が決まってからその日に至るまでの日数と

引き継ぐ内容もしっかりと段取りをしてから上司に相談しましたね。

その方が次の人も困らないですし、上司も余裕を持って動いてくれます。

 

辞めてから次の仕事を探すときも自分の中で出来ることとやりたいことを

予めハッキリとさせておいたので次の仕事を探すときも楽だった覚えがあります。

しっかり考えていたから現職の仕事をする上での目標設定をするのが比較的容易にできました。

 

不満だった金銭面が大幅に解消されたわけではないのですが

自分の出来ることをしっかり吟味した結果今の職業に就いていますので

今では納得のいった仕事が出来ているので以前ほどの不満はでてこないですね。

 

今の会社は比較的自分のやりたいことを自由にやらせてくれるので

非常にモチベーションを高く保つ事ができます。

もちろん適当な事も出来ませんし、そこに責任感も付きまといますが

納得の行かないまま仕事を続けていたのでは

得ることの出来なかった充実感は日々感じる事は出来ますね。

 

今まで苦労はしてきましたが転職して良かったと思います。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL