中途退職のマナー

職場の誰かが中途退職すると、

周りの人に迷惑がかかることもあります。

 

定年退職の場合は、誰が、いつ退職するかがわかっていますから、

その準備をしておくこともできますが、

中途退職の場合は多少の混乱が生じることもあるでしょう。

 

「たつ鳥跡を濁さず」ということわざがあるように、中途退職する場合は、

できるだけ混乱が生じないような配慮はしたいものです。

 

現在の仕事の状況や取引先との関係など、職務にかかわる状況や情報を、

後任者にきちんと引き継いでおきましょう。

後任者がわからない場合は、上司に伝えておきます。

 

なお、会社の名刺や仕事関係で受け取った名刺などは、

会社へ残しておくのがマナーです。

 

退職をするときは、取引先や関係者に退職することを知らせ、

今までお世話になったことへのお礼の挨拶をしておきます。

業務上必要な伝達事項があれば、そのときに伝えておくといいでしょう。

 

後任者が決まっている場合は、取引先や関係者にその後任者の名前を告げておくか、

後任者とともに挨拶回りをするのが一般的です。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL