障碍者年金を受給している主婦の方

うつ病になり障害年金を受給している主婦の知人がいます。

不眠症などを抱えており、薬をどれだけ飲んでも眠れない日があるということでした。

知人は二週間に1回のペースで病院に通っているとの話でした。

 

知人が受給しているのは厚生年金2級だそうです。

会社員時代に発病したということで今は専業主婦をしていますが、

病院の先生に診断書をお願いして、申請したと話してくれました。

 

彼女の場合は、厚生年金二級なので、月に10万円程受給していると思います。

もう一人の知人は、ヘルパーさんをお願いしていると言っていました。

それくらい病気が重いのだなと心配していました。

 

自分も含めてですが、障害年金を受給しているということを言ってしまうと

バッシングなどもあるのではないかと思い、だれにも話していません。

でも、病気があっても、普通に生活したり、仕事もしたいです。

ただ意欲に波があり動けないようなときもあるので、寛解に向けて努力していきたいです。

 

躁うつ病を発症した友人も障害年金を受給していると言っていました。

その人は7年間分の遡及請求が通ったと話していました。

今はA型作業所で働いていると話していました。

障害年金の手続きはすべて親御さんがされているとの話です。

 

障碍者年金は年間780100円です。

子の加算が一人224500円です。

更新があり、更新時には医師に診断書を書いてもらいます。

私は来年更新年になります。

だいぶ元気になっていると思いますが、医師に診断書をお願いする予定です。

 

病院には毎月通い体の調子などを報告しています。

幻聴とは付き合い始めて15年になるので、聞こえてもそれなりにやり過ごしています。

元気になってくるとうれしいですが、この落ち着きというのは

障害年金が受給できているからだと思える部分もあります。

 

私の病気の場合は、外で働けるようになると受給が停止になると思います。

でも働きたいという気持ちが湧いてきています。

家族の支えもあって、普通に生活できているのは嬉しいです。

人とのコミュニケーションが苦手なので、人と話したりするのは疲れます。

病気を重く申請して診断書を書いてもらうというようなこともあると聞きましたが、

今の自分の状態を話して、あとは医師の判断に任せようと思っています。

 

診断書を書いた先生が変わったので、自分の病状がどう受け取られているのか、

次の更新はどうなるかと少し心配しています。

精神の障害の場合は働けないことが前提ということのようです。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL