障害年金に関する基礎的な知識について

年金とは、人が老齢のために働けなくなった際に国から支給される金銭です。

これは、働けなくなった人の面倒を見るという性質の金銭であり、

基本的には保険料を国等に納付した人に対して支給される制度となっています。

 

年金は高齢者に支給されるのが基本的であり、老齢年金とされています。

老齢年金は所得とみなされますし、確定申告をしなければなりません。

ただ、年金は、広い意味では「老齢でなくても、病気や怪我等によって労働できなくなった人」

に対して支給される障害年金も在ります。

 

障害年金とは、先天的な障害あるいは後天的な障害によって働けなくなったり、

生活に支障が出た人を保護するために国等から支給されるものです。

 

障害年金ですが、所得税の課税対象外となっています。

障害に因って、日々の生活あるいは労働に著しい支障が出てしまった人に対して、

国から支給される金銭について所得税を課すのは酷といえます。

障害年金は、老齢でなくても働けなくなった人にとってはライフライン的な存在となっています。

 

障害年金が支給されるようになるためには、

身体疾患を患っている人では

「両足が無いあるいは両足の機能が失った人」だったり、

「声帯を破壊されてしまい、声を失ってしまった人」、

「聴覚あるいは視覚を失った人あるいはこれらの機能に著しい障害が出てしまった人」

が該当するようです。

 

また、車椅子が手放せなくなった人で、「入浴する際に介助が必要」といった

「随時介護」が必要な人も対象となるでしょう。

 

「仕事中あるいは通勤中に足の骨を折る等の怪我をしてしまった場合に、

足の骨折が治ったけれど骨が結合せずに関節のように動く」といった人の場合、

労災における障害年金の支給対象となるかもしれません。

 

足の骨を折って一応は治ったものの、偽関節に該当してしまった場合に

「著しい運動障害が在るとき」は労災における非課税の障害年金の支給対象となるようですが、

認定されるかどうかは厳しいといわれています。

 

身体疾患以外で障害年金が支給される事が在ります。

会社で嫌がらせを受けてしまい、その結果、精神障害を患ってしまった場合に

心身医療を対象とした医院を受診したときに

「うつ病等に因る心疾患」で障害年金の支給対象となる事があります。

 

ただ、この場合、医院を受診した際に提出した保険証が「健康保険」であれば支給対象となりますが、

国民健康保険の場合はかなり難しいといえます。

国民健康保険でも、うつ病等が原因で障害年金が支給されることはあり得ます。

しかし、国民健康保険の被保険者が心身医療の医院を受診した場合において、

年金が支給されるときは「介助者がいないと、日常生活が送れない」といった場合が該当するようであり、

それよりも軽い症状で年金支給対象となるときは、厚生年金に加入していることが絶対条件となります。

 

会社員として活躍している時は、強制的に厚生年金の被保険者となります。

この時に心疾患を患った場合、心身医療の専門医を受診すれば

厚生年金の障害年金の受給対象となるようです。

 

初診日に「健康保険に加入しています」という場合と、

「自営ですが、国民健康保険に自動的に加入しています」というのとでは、

前者の方が優位となることが少なくありません。

 

障害年金が支給され易くなるのは、企業等で働いている使用人等となっています。

労働中等に事故に遭って、障害によって日常生活に支障を来たすのであれば

非課税の年金は支給され易くなるでしょう。

 

また、仕事外で事故に遭って、労働に支障を来たすとされた場合に厚生年金に加入していれば、

強制加入されている健康保険を活用して

非課税の厚生年金の障害年金が支給され易くなるといわれています。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL