障害年金について

どのような方でも障害年金を受給できる訳ではないです。

条件があります。

 

20歳に成ると支払い義務が発生する国民年金保険料や厚生(共済)年金保険料を納めていて、

公的年金の助けが必要な障害の具合にある事が条件です。

 

しかし特例措置があるので、保険料を納めてない期間がある、

障害の級が基準に満たないと始めから早々と諦めないで、

市役所やケースワーカー、社会福祉協議会に相談してから申請するか決めます。

 

 

障害年金を受け取れる条件

初診日にサラリーマンなら厚生年金、

自営業、主婦、無職等の人は国民年金、

公務員なら普通は共済年金に入っています。

初診日の時は何歳か入っている年金によって貰える障害年金の種類と金額が異なります。

 

病気になった、けがを負った前日までに3分の2以上の間、公的年金を払っている必要があります。

傷病で保険料の支払いを免除された間を抜かして、

未納期間が3分の1を超えると、障害年金は請求出来ないです。

 

ですが救済措置として、初診日の前々月から辿って

1年間に未納してなければ請求できる仕組みになっています。

 

全部の障害が障害年金の対象ではないです。

病気や怪我により国が決めた基準より重い障害が残った場合に障害年金の対象に成り得ます。

それと対象の傷病の初診日が65歳未満である事が必要です。

 

受給には公的年金に加入している事が必須となっていますが、

障害のせいで成人しても労働出来なくて保険料を納められない場合もあります。

そのような人は障害年金の受給が可能です。

 

初診日の具体例初めて診療を受けた日で、その傷病の専門医でなくても良いです。

健康診断を初診日にするには、初診日の医師の証明が駄目な場合は、

検診日を証明する書類と本人が申告する事が必要です。

 

過去の傷病が治った後再発したら、再発した時の最初に診療を受けた日です。

今の傷病より過去に、かなり因果関係があると認められる傷病が存在していた時には、

過去の傷病で最初に診療を受けた日です。

 

先天性の知的障害は、生まれた日です。

例外として先天性の心疾患、遺伝性が在る網膜色素変性症、発達障害などは症状に幅があるので、

具体例な症状が現われた時に初めて診療を受けた日が初診日です。

 

障害の程度障害年金を受給できる方は、障害のせいで労働出来ない、

日常生活が思うように出来ない等、

障害の程度が国民年金厚生年金の障害認定基準をクリアして、

さらに障害認定日に達していれば障害年金を貰えます。

 

障害者等級1級の人は、他人の助けがなければ、自身の身の回りのことが出来ないくらいです。

障害者等級2級の人は、絶対に他人の補助が必要ではないが、

日常生活は凄く大変で働くことにより収入を貰えない状態のくらいです。

障害者等級3級の人は、働くことが超制限を受けるか、

もしくは働くことに超制限を与えることを必要とするくらいです。

 

障害手当金は障害が治ったが、働くことに制限を受けるか、

もしくは働くことが制限を与えることを必要とするくらいです。

 

 

障害年金は、障害基礎年金と、障害厚生年金と、障害共済年金の3つがあります。

障害基礎年金は、国民年金に入っていた自営業等等の第1被保険者や、

会社員の第2被保険者、専業主婦等の第3被保険者の日本国内に住んでいる人で、

障害等級が1と2級のである人が対象です。

3級の人は対象外です。

 

自営業、無職、扶養内の専業主婦等、国民年金しか加入してない人は、障害基礎年金のみ貰えます。

障害厚生年金は、初診日の段階で厚生年金に入っている人で障害等級が1から3級の方が対象です。

障害年金は2階建ての仕組みなので、会社員等厚生年金に入っている人は、

障害基礎年金と障害厚生年金を1と2級の人はダブルで貰えます。

3級の人は障害厚生年金のみ貰えます。

 

障害共済年金は、初診日の段階で共済年金に入っていた

公務員の方が対象となる障害等級1から3級に当てはまっている方が受け取れます。

障害基礎年金と障害共済年金がダブルで貰えます。

しかし3級の方は障害共済年金のみ貰えます。

これまで障害共済年金は、基礎年金と共済年金と職域加算が存在し3階建てとなっています。

 

 

まとめ

傷病で障害が起こった場合、障害年金を貰える可能性があるので、

市役所の介護障害福祉課、ケースワーカー、社会協議福祉会などに行って、

申請出来るか確認して、可能であったら必要な書類を準備して市役所の該当する所に提出します。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL