精神障害の場合の障害年金は発症した当時の診療記録が大事

障害を患ってしまったら医療費などがどうしても高額に成りやすいので、

障害年金を支給してもらえるか不安になるものです。

 

何事も最初が肝心とはよく言ったもので

発症時が一つの指標になっているので

その当時の診断書および通院記録がない場合は

踏み込んだ話まで登っていかないという欠点があります。

 

自分たちが掛かっているドクターによっても

ドクターの自己判断により障害年金は不要である

という考えの場合に患者さんの都合や過程が考慮されず

ただ月日が流れていってしまうケースもあります。

 

そして、疾病当時に当人が気が付かない場合もあり

症状が軽度になってから「もう少し早く申請してくだされば良かった」

という残念なことになることがあります。

 

こういうことにならないよう家族と自分の病気について深く家族間の話し合いをきっちりして

どんな制度があってどうしたらそれを受けることが出来るのか?

という勉強が必要だと思います。

 

 

「身体」と「精神」では見え方がまったく違います。

身体は医学療法士が問診して手で問診することで

かなり正確に症状の度合いが判明しますが、

精神の場合ですと問診で心を感じ取ることが出来ませんので

病気が発症してから断片的に蓄積されていく症状の断片を拾い集めながら

本来の障害ステージがどこにあるのかという線引きをしていく作業があり

精神科医の個々人の能力などによっても診断に幅が出来るために

「そんなに重い症状ではないようだ」と考えられても

実際隠れた症状や挙動などがあると極めてステージを特定することに時間が掛かります。

 

精神科の場合本当に自分の症状を良く評価してもらえるか、

理解者であるのかということを常に考えて

少しでも疑問に思うことがあるならば家族や親しい恩師にも相談した上で、

セカンドピニオン制度をフルに使って

ほかの病院やクリニックなどを訪ねて診断についての考えを

慎重に確認して行くことがとても重要だと思います。

 

せっかく年金制度があっても精神科の場合はとてもブレ幅が広いために

ドクターの決めた慎重な結果に対して疑問を唱えないと

そのままのとおりに固定化してしまうので

年数経過後の申請がとても困難になるので

しっかりとした知識の補填をするべきでしょう。

 

このあたりは住宅をリフォームしたりする時に

最低でも三件ほどの会社に見積を取らせて

慎重にかかる金額を割り出したりすると思いますが、

これと同様精神科についても有効となりうる貴重なデータは把握して

申請に必要な事柄を理解するようにしましょう。

申請を出来るように症状の確認やドクターの判断と今後の方針などを管理しましょう。

 

また、デイケアなどに通所している時に

自分自身を理解してくれるスタッフとしっかりと情報共有し、

各種のプログラムなど特に「認知行動療法」などをトレーニングすることで

自身の把握とそのプログラムにおけるトレーニングによって

自分の症状の特異性なども勉強されると有利に物事を進められるので

出来ることはしっかりとやりながら前に進みつつ

診療を継続するという手腕も必要になると思います。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL