現在、まさに障害年金申請中です。

私は精神に障害があります。

発症したのは私が高校生の頃で、今から15年以上前のことになります。

 

現在まで毎月病院に通い、投薬治療を続けてきました。

障害者手帳を取得したりもしました。

 

手帳を取得すると、「ああ、自分は健常者ではなくなったんだな」という実感も湧いてきて、

これからは「普通の人」と同じようには生活できない、という意識も生まれました。

 

通院は勿論の事、就労継続支援事業所に言って、就労訓練を何年も受けた後、

障害者に門戸を開いている印刷会社に就職しました。

社会保障も完備されていましたが、給料はすごく少なかったです。

何よりも、就労内容がきつい上に、

実家から車で隣接した隣の市まで通わなくてはならないのは、苦痛でしたし、

ついには運転中の視界暗転などの症状が出始めたとき、交通の危険と、自分の限界を感じました。

そして、その印刷会社を辞職しました。

 

しばらくは失業保険をいただけるとのことで、ハローワークに毎月申請をしに行っていましたが、

失業保険もいずれはなくなる、そう思ったときに、自分がいま生きている社会では、

一般の会社の就労は向いていないのでは、と思うようになりました。

そして、一般企業への就職活動がすべて不合格になった時、

もう、一般就労は無理だ、と思いました。

 

そして、母と主治医の先生と相談の末に、障害年金を申請してみよう、という事になりました。

先生はそのために診断書を書いてくださいました。

そして、市役所で必要な書類を整えて提出し、現在結果待ちの真っ最中です。

 

「結果が出るまでは4か月くらいかかりますから、待っていてください」と、市役所の人には言われました。

現在、まさに待っているところですが、「却下されたらどうしよう」と、毎日不安であり、

しかも4か月という長い待ち時間が苦痛でもあります。

 

普段は家に引きこもってしまっている私ですが、

少しパソコンで調べものをすることはできるので、

障害年金について、インターネットで調べてみましたが、

私くらいの障害の等級だと、月に6万円くらいの年金をいただけるそうです。

年間に直すと約72万円ですので、それだけいただけるのなら、

完全な障害失業者となってしまった私も、かなり安心することができます。

 

正直、障害年金を申請することには、かなり罪悪感も感じています。

障害年金が国民の血税から捻出されるからです。

自分が健常者だったらなあ、高校生の時に無理をしなければ、今頃でも健康でいられたのに、

そうすれば、立派な普通の納税者になれたかもしれないのに、

といつも羨望の眼で、健康な人たちを見つめてしまいます。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL