持続性感情障害という病気で障害年金を受給

 

私は持続性感情障害という診断名で障害基礎2級をいただいています。

普段の診断書は不安障害という障害名なのですが、

それでは住まいの県では通りにくいからと書き方をかえてくれたようです。

この病名でも正直難しいといわれました。

 

普通は統合失調症や、双極性障害の方のほうが通りやすく

ヒステリーなど感情障害では通らないことが多いからです。

 

加えて、私はA型作業所に通っていたので少しだけ収入があったのでなおさら通りにくかったと思います。

(A型作業所とは、障碍者が支援を受けて働く場です。)

 

私は社労士などを使わずに自分で申請を行いました。

障害年金は初診日からの計算になるので、

初診日をはっきりさせなければいけなかったのですが、

私が初診を受けた病院は、総合病院だったのですが

現在すでに精神科はなくなっていたので、電話で確認することになりました。

 

続けて精神科に通っていたわけではなく、間があいて通うことになったので

約13年前のカルテは残っているかと問い合わせたところ

電子カルテとして残っていましたが、処方した薬の情報だけしか残っておらず、

多分この処方では鬱病だろうということしかわかりませんでした。

担当していた先生ももちろんおらず、何度も頻繁に通っていたわけではなくて

3度ほど行っただけだったので、だめでした。

 

障害年金は初診日から遡って申請することができます。

なので、続けて通っていなくても一番はじめに精神科にかかった時の病院のカルテと診断書が必要になります。

私はすでに病院がないことから、現在続けて通ってる病院の先生に診断書を書いてもらいました。

 

診断書を持って今度は年金事務所に行きました。

そこで、どうして精神科に通うようになったのかの経歴を書くことになります。

思い出すのがつらい方もいるとは思いますが、ここはしっかり書く必要があります。

 

私は一度自分で書いたのですが、もう少し細かく書いたほうがいいということで

年金事務所で書き直ししました。

大変でしたが逆を言えば年金事務所の方にきっちり書き方を教えてもらえたおかげで

年金が通ったとも思います。

 

そこから約3ヶ月ほど待ちました。

審査が通るかどうかドキドキしましたが通らないかもしれないなあと思いながら日々をすごしていました。

この時期が一番自分の体調がつらくなりますが、薬や先生などに話を聞いてもらって調整してください。

 

その後無事年金受理通知が届いて、2年更新となりました。

基礎2級なため、偶数月に約12万いただいています。

職場にいて、精神科にかかったという履歴があれば

初診日に厚生年金に入っているということになりもう少し多くもらえることになります。

自分の初診日をちゃんと確認して、年金事務所にて申請してみてください。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL