2度の転職をして満足のいく仕事をしています。

20代の時に2回の転職を経験しました。

 

転職を決意したもともとのきっかけは新卒入社から3ヶ月で会社の経営が傾き、

リストラ対象になったことです。

結局リストラ対象からははずれたのですが、

この時に自分の就職活動は本当に正しかったのだろうか、

この会社で何十年働けるのだろうかと考えるきっかけになりました。

 

学生時の就職活動ではクリエイティブ職に有利な学校を卒業したにもかかわらず、

自分の技術に自信ががなく、ものづくりのプロになることを早々にあきらめました。

とにかく就職活動を早く終わらせたいという気持ちから内定を貰えた会社に就職しました。

 

そこでOLとして簡単な広告をつくる日々。

それはあまりに物足りなく、これでいいのかと自問自答する日々でした。

 

そんな時に会社が傾き、ようやく転職活動を開始しました。

よいタイミングだったと思います。

 

まずは転職サイトに登録をし、エントリーを開始しました。

しかし、ここで第二新卒の壁にぶちあたることになります。

はじめての転職活動のうえ、社会人としての実績がそこまでないために

自分をどうアピールしていいのかわからず、

書類で落されてしまう日々が続きました。

 

ようやく面接に進めても「失礼ですが素人みたいなもんですね」と…

冷たく突き放され、悔しい思いをしました。

 

そこで、第二新卒と呼ばれる期間が終わるまでじっと我慢し、

新卒で入社した会社にて、アピール出来るような実績づくりをしました。

 

また、デザイナー志望だったので仕事以外でも作品を作ったり、

作品集を修正しながらだんだんとアピールできる部分を増やしていきました。

そうして自信がついてくると自然と履歴書にも説得力が増して、

面接にすすめる機会も多くなりました。

 

面接は場慣れです。

緊張しなくなるまで何社も経験してしまえばこっちのもの。

転職の面接は新卒の時とは違い、聞かれる内容はどこの会社もだいたい一緒なので

パターンがつかめさへすれば、面接で大きな失敗をすることもありませんでした。

 

面接で聞かれる内容と言えば

・これまで何をしてきたか。

・うちの会社で何をしたいのか

・うちの会社にどう貢献できるか

・将来はどうなりたいか

上記を上手く言えるようになれば完璧です。

 

第二新卒の期間を抜け、これらを踏まえて面接に挑んだ結果

ようやく転職先がみつかり新しい職につけることになりました。

OLからきちんとしたデザイナーという肩書きがつき

仕事に対するモチベーションがぐんとあがりました。

 

以前いた会社を退職する際も、デザイナーとして頑張りたいなら応援する

と上司に言葉をかけてもらい円満退職することができました。

 

その後、スキルアップのために20代のうちにもう一度転職を経験するのですが、

転職して新しい会社に入るたびに新しい技術が身に付き自分の力になっていきました。

 

今の会社に満足していなかったり、不安を感じる場合は

若いうちならばチャンスはたくさんあります。

毎日もやもやしながら時間が過ぎていくくらいならば

転職をして自分をしっかり見つめ直すことも必要だと思いました。






スキル不足が心配・・・
続けられる職場環境かな・・・
残業や給料が気になる。
次こそは失敗したくない!

マイナビエージェントがあなたの転職を厚くサポートします!


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL