転職先の効率の良い見つけ方について

転職を希望する人や、今の職場が嫌になってしまった人にとって

「どうやって転職先の会社を探したら良いのか?」

という疑問を持つ人は多いのではと思います。

 

一般的には、転職エージェントに依頼するという場合が多い様に思えますが、

このパターンには大きなデメリットがあります。

 

転職エージェントの場合、

基本的には採用が決まった際に採用元の企業からエージェントに対して

「理論年収の○○%」という形式で報酬のやりとりが発生するため、

企業側としても採用に対して慎重になってしまい、

面接から採用に至るまでの確率が低くなってしまうのです。

 

私も現在の企業で採用の担当をしておりますが、

転職エージェント経由での応募が一ヶ月に2~3件ぐらいはやってきます。

その度に面接を行っていますが、正直な感想として

「転職エージェント経由でなければ、すぐに採用なんだけどなぁ…」

と思う事が殆どです。

 

それもその筈、年収の35%が手数料として発生する事を考えると、

仮に500万円クラスの応募者が面接に来たとして

エージェントに発生する手数料は500万円×35%=¥175万円

と、非常に高額なものになってしまいます。

これでは、よほどスキルが高い応募者か実績のある応募者以外は

採用という決断に至らないでしょう。

 

現に私も以前の転職活動時、転職エージェント経由での応募を行っておりましたが

まず、面接まで到達出来る会社が10%ほど。

10社に面接を申し込み、ようやく1社から「面接OK」という連絡が来る程度です。

目立ったスキルや実績の無い私にとって、

この時点で通過率は非常に低く、心が折れそうになります。

 

また、面接への通過率が低い事を見越して応募作業を行っているので、

せっかく面接OKの連絡をくれた会社でも

あまり自分の希望する会社では無いという事も多々ありました。

あげく、面接を受けて採用となる可能性はさらに低いものとなります。

 

私の場合は、面接を受けたのが12~3社ほど。

そのうち1件から内定をもらう事が出来たのですが、

勤務時間が非常にバラつきがあり

家庭持ちの私にとっては無理のある労働条件だったので断る結果となりました。

そして転職エージェント経由では無く、求人媒体を自分で見て応募する方法に切り替えました。

 

今までは転職エージェント側のサイトから簡単に応募できていたのですが、

自分で応募管理などを行うのは少々手間が掛かりストレスでした。

ですが、2件ほど面接に行きあっさりと採用。

ここまで簡単にいくものなのかとビックリしてしまいました。

 

確かにエージェント任せだと、割りと楽に転職活動が行えるかも知れません。

ただ、目立ったスキルが無いのであれば絶対に自分で探しての転職活動をお勧めします。

くれぐれも、無駄に消耗して諦めるような結果にならないように気を付けてくださいね。






スキル不足が心配・・・
続けられる職場環境かな・・・
残業や給料が気になる。
次こそは失敗したくない!

マイナビエージェントがあなたの転職を厚くサポートします!


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL