転職はなにも終わりじゃない。履歴書が傷つく現実もあるけど

もともとは最初に雇用された箇所がハロワーク経由で

トライアル雇用枠を利用してでした。

しかしこのハローワーク職員といい紹介先といいミスマッチそのもでした。

 

ミスマッチはまず能力がもともと低いから

トライアル雇用、教育という形で応募したのですが

こちらの意向はまったく加味せず

ただバイト以下で安い手段が企業として扱い、使えたら使う。

そういうレベルでの応対でした。

基本零細企業や中小はその程度いい加減です。

 

 

・転職活動をしていた期間

正直、投げ出すように逃げ出すように辞めてしまい、

これについては企業のなかで人がいないときに

堂々と転職サイトを見るぐらいでよかったんじゃないかと思います。

 

もっとも自分は年齢と経験もないので正直登録もできないことも多く

あきらめていた部分が目立ちましたが…

それでも「勤務中に」ちゃんとすべきでした。

 

これは笑い話でもなくて社会人であえればあるほど勤務中にすべきです。

生きていく手段は会社は守りませんので。

 

 

・転職活動で苦労した点

途中で自己都合、かつ3か月辞めてしまったことは

履歴書にとても重く次の場所へ響くのだろうと思い心から

次への気持ちをとん挫させました。

 

ただバイト先で知り合った店長がいたのでダイレクトで連絡し

契約ということで再雇用してもらうことができました。

そういう部分でどんな仕事もちゃんと頑張っておくと保険になるのだなと感じました。

 

 

 

・職種は変わりましたか?

 

変わりました。

不動産営業(退去立ち合い)だったのですが小売店の店員となりました。

もともともの契約雇用が 安かったので職種が変わる事は問題ありませんでした。

資格もありましたがかつての職場経験を思えば次の職業のほうがとてもよかったです

 

 

・退職時のトラブル

自己都合にさせられたことです。

これは会社都合だと失業保険や国民年金などの扱いも大きく違うので

これはどうせいい加減なトライアル雇用だったのならだらだら雇用してもらい

会社都合で首ぐらいになる度胸があってもよかったんじゃないかと今では思ってます。

もともと大した給料でもないし相手も試す形だったようで、

なんだか真剣にやった自分が悲しく思います。

 

 

・転職する前にすべきこと

必ず次の仕事を「勤務中に」見つけておくことです。

これは社会人なら必須のマナーです。

なぜなら会社は絶対にあなたの次を守りもしないし

ただでさえ疎ましく思っているのなら義理もありません。

そういう雰囲気や気配を感じたら

逆に去る手配は会社にとっても迷惑でもなんでもないのです。

 

 

・転職後の生活の変化

睡眠が安定しましたし、何より契約で決められた枠、時間、内容、

そしてトライアル雇用よりも安定しており

50人以上の企業のため健康保険、厚生年金、交通費支給もありました。

なんのためのハローワークだったのかわかりません。

 

 

・転職してからの後悔

ただスキルや資格を伸ばせない点です、

これは病気や30前半を超えてわかったことですが

やはり最終的にものをいうのは嘘なく自分で取り組み逃げなかったことだけです。

これは職種を変えた時に逃げ転職すると味わう部分なのだと思いました。

 

 

・転職して良かった点

ただ転職して本当によかったのはお昼がちゃんと食べられることと、

屋根付きの仕事、肉体労働ではあるものの

正しく不安定な業務ではないので心がとても安定したことです。

これは本当にありがたい限りです。

無理してスキルや資格があるからとしがみつくことも大事でもありますが

ここは本当にバランスが難しいと思います。






スキル不足が心配・・・
続けられる職場環境かな・・・
残業や給料が気になる。
次こそは失敗したくない!

マイナビエージェントがあなたの転職を厚くサポートします!


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL