転職について行動した事

私は、転職してシステムエンジニアをしています。

 

私の就職の始まりは、高校生です。

工業高校に入学したので、高卒で就職しました。

私が就職した当時は、バブルの後期という事で1人に対して、4社が選べる程の求人数でした。

この当時は、大手に就職する事がよしとされていたので、

私は大手の工場に就職する事にしました。

高校の時は、仕事でやりたい事もなくみんなが就職するから、

私も就職するという感じでした。

 

その工場は、レーザープリンタの部品を作る工場でした。

その仕事が当たり前という感じで、5年仕事をしていました。

しかし、この頃から本当にこの仕事がしたいのかを疑問に思うようになりました。

しかし、転職して自分が本当にやりたい事自体がわかっていなかったので、

このままずるずると仕事をしていました。

 

そんな時に、IT業界が急成長していて、技術者が足りないというニュースを見ました。

私は、このニュースを見たときに、学生の頃を思いだしました。

私が、中学の時はパソコンゲームが流行っていました。

この当時は、パソコンは高価な物でとても、中学生では購入できる物ではありませんでした。

いろいろ調べていたら、家庭のテレビに接続ができるMSXという

低価格のパソコンがある事をしりました

私は、お年玉で購入しました。

あの時のうれしかった気持ちは今でもかわりません。

 

そのパソコンで沢山ゲームをプレイしました。

このパソコンには、もうひとつプログラミングができる機能がありました。

ベーシックというプログラム言語を用いプログラムを組む事が出来ました。

私はプログラムに興味があったので、楽しみながら覚えました。

 

工業高校に入学した時に、驚いた事に遊びと思っていたプログラムが授業でありました。

私は、3年間で習う事は把握していたので、プログラムの授業は教え役として、参加していました。

ますます、プログラムが好きになり、卒業研究もプログラムでソフトを作成しました。

この学生の時のプログラムが楽しかった事を思い出し、

私は、プログラマーになると決め、今の会社を退職し、派遣のラインの作業をしながら、

資格をとる事に決めました。

つらい半年でしたが、何とか資格を取得する事ができました。

 

就職活動を始めたのですが、世間はそんなに甘い物ではありませんでした。

システム開発の世界での中途採用は、即戦力が優先で、

初心者はほとんど相手にされませんでした。

しかし、もう後戻りできないので、就職活動をつづけました。

 

たまたま面接した会社の社員さんが1人やめるというタイミングがあり、

何とかシステム会社に入る事が出来ました。

今では、プログラマーからシステムエンジニアになり仕事をしています。

就職活動で、あきらめなかった事がよかったと思います。






スキル不足が心配・・・
続けられる職場環境かな・・・
残業や給料が気になる。
次こそは失敗したくない!

マイナビエージェントがあなたの転職を厚くサポートします!


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL