仕事は人生のテーマであるべき

私は一つのところに長く勤めるということをしたことがありません。

性格的なもので、同じ作業を延々することに耐えられなくなり、

職場を転々とすることも珍しくありません。

 

私の場合はそういった事情から、派遣社員として働くというスタイルを取ることにし、

派遣会社に何社か登録してサポートをして頂いています。

わざと期間が設けられている仕事に就くこともあります。

 

正社員と違い待遇はあまり良くはありませんが、人間関係で悩むことも少ないですし

(終わりを自分で決められるので)、

アルバイトよりは時給も高いので私はこのスタイルが気に入っています。

 

以前勤めていた会社は通勤時間が1時間ほどあり、

毎日満員電車に揺られて出社し、また1時間満員電車で家に帰るというものでした。

仕事内容はそれほどきつくはありませんでしたが、

満員電車に慣れていない私は出勤するだけでも辛く、また覚えることが多く、

ミスをたくさんしてしまって社員の方々に迷惑をかけていたこともあります。

 

今は家から自転車で通勤できる距離の職場で、残業もほとんどなく、

自分の時間を確保しやすくなりました。

仕事内容も無理のないものになり、

時給は少し下がりましたが転職して良かったと思っています。

 

正社員での転職を考えていらっしゃる方は、

「副業が出来るか」ということもポイントにするべきだと個人的には思います。

政府が勧めていることいることですしこれから多くなってくるとは思いますが、

社員の生活に直結することを迅速に対応している会社かどうかということも、

見えると思うのです。

 

キングコングの西野さんが本やセミナーで仰っていましたが、

『今の仕事だけで手取り30万円の月収を1.5倍の給料にすることは難しくても、

別の仕事でその分の15万円を稼げるようになればいい』

という考え方を持っていらっしゃいます。

 

確かに一つの仕事で安定的に給料を増やそうとすることはかなり難しいと思います。

別の仕事を持つ方が現実的です。

将来のことも見据えて、そういったことにも目を向けて頂きたいと思います。

 

仕事は1日の大半の時間を使って行うものです。

家族と、友人と、自分自身と過ごす時間を削って行うことです。

朝起きる時間も、帰ってからの過ごし方も、休日の予定も、仕事を軸に選び行動しています。

 

もちろん、今よりもいい生活がしたくて転職される方も多いと思います。

今と比べてそれよりも良いところへと考える方が大半でしょう。

ですが、「自分の人生において、選ぶほどの価値がある仕事なのか。」

という長い目も持って頂きたいと思います。

 

せっかくたくさんのことを犠牲にしてする仕事なのですから、

将来の自分が生き生きと生活できる仕事に出会えるように、頑張って頂きたいと思います。






スキル不足が心配・・・
続けられる職場環境かな・・・
残業や給料が気になる。
次こそは失敗したくない!

マイナビエージェントがあなたの転職を厚くサポートします!


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL