チャレンジして良かった!と思える転職でした。

私は大学を卒業後、個人の内科クリニックで就職をしました。

当時、就職難でなかなか希望のところから内定をもらえず、正直不本意な就職先でした。

そこで3年間、助手として勤務をしました。

 

転職を決意したきっかけとなったのは、

個人のクリニックのため、自分がどれだけ成長しているのか、

他で通用するレベルの社会人になれているのか不安に感じたからです。

 

クリニックには5名のスタッフしかおらず、

その中で助手としての仕事、受付や会計、PCでの資料作り

(院長が学会で発表するために使用するもの)等、幅広く行っておりましたが、

やはり狭い世界での話です。

 

「頑張っている」「スタッフからも評価されている」といっても

本当にレベルとして認められるべきレベルに達しているのか、不安でした。

また、人間関係も良くなく、ストレスのたまる日々でした。

 

転職をすることを決めた時、自分の頑張りやレベルがわかりやすく結果に出たほうが良いと思い、

「営業」の仕事にチャレンジをしようと決めました。

数字が出なければ、ノルマが達成できなければ「だめ」とわかりやすいのが良いと思いました。

 

クリニックは平日のお休みがかならず1日はあったため、その日に集中的に面接を受けに行きました。

しかし、やはり「個人クリニックで助手として勤務」となると、

「何の経験にもならない」と思われてしまうのが現実でした。

 

確かに助手の仕事は営業の現場で活かされないし、

PCで資料を作っていたと言っても大したレベルではないんだろうと思われたと思います。

結局、全く別の職種になると「未経験」としかならないので、

今までやってきたことは何にもならないと痛感しました。

(もちろんやっていた仕事によると思いますが)

なので、未経験ながらに熱意を伝えるということに苦労しました。

 

「営業としてノルマをしっかり達成して、結果を出します!

それまでつらいことがあっても食いついていきます!」

と言葉で言っても、なかなか伝わらないので難しいですね。

ただ、経験としてアピールできるところがなかったので、

正直な気持ちをストレートにぶつけていくことを続けました。

 

そして人柄で「一緒に働きたい」と思ってもらえるように、挨拶や笑顔は意識しました。

結局面接を受けたのが6社で、内定をもらえたのは3社でした。

転職活動をしていく中で、営業の中でも、こういった転職をサポートする仕事に興味を持ち、

「転職エージェント」として転職することとなりました。

私自身が転職活動で苦労もあったので、サポートしたいと思ったのです。

そういったやりたいことが見つかった面でも転職活動はとても良い経験でした。

 

転職後は初めての営業で泣きながら仕事をすることもよくありましたが、

1年踏ん張ってもがいていたら、いつの間にかノルマを達成できるようになり、

役職にもつけました。

きちんと数字で評価されることは気持ち良いと感じています。

未経験でもチャレンジして良かったなと思います。






スキル不足が心配・・・
続けられる職場環境かな・・・
残業や給料が気になる。
次こそは失敗したくない!

マイナビエージェントがあなたの転職を厚くサポートします!


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL