うつ病からの退職をした経験

私が長く勤めた企業を退職したのは、

仕事上や家庭のストレスが原因でうつ病になった経験からでした。

 

会社の立ち上げから勤務していた事により

自分の実力以上のポストや責任を与えられてしまい、

結果日々の仕事が自分の手に負えないようになってしまい

何とかしようとすればするほどストレスは溜まる一方。

 

その上、当時は離婚トラブルの真っ最中で余計にストレスを抱えてしまい

毎週のようにひどい頭痛で会社に遅刻する事があり、

心療内科で診察をうけた結果は「うつ病」という事でした。

 

それでもストレスと闘いながら勤務を続けていると、

ある朝ついに玄関のドアを開ける事が出来なくなってしまいました。

ドアを開けようとすると、激しい動悸と共に冷や汗が出てくるのです。

 

もう駄目だと思った私は、すぐさま会社に電話して

「会社に行ける精神状態ではない」という事を伝えました。

社長も気を効かせてくれ「傷病休暇」という形で会社に在籍は残し、

休んでいる間も給与が出るようにしてくれました。

 

その傷病休暇が半年ほど続いたと思います。

さすがに会社としても復帰の目処が立たない社員を在籍させ続けておくわけにはいかず

また私もこれ以上会社の負担になってはいけないと思い、退職に至る事になりました。

 

退職前にも私が自宅で出来る作業は行っていたのですが、

退職にあたって正式な形で業務の引き継ぎを行う事となった為、

簡単な業務マニュアルを作成して後任者に引き継ぐという事を行いました。

他には特に面倒な事などは無かったように思います。

 

失業保険については、私自身「自己都合での退職」という形だった為、

失業保険が下りるのは三ヶ月後。

それも、就職活動をその間に行うなどの制限付きだったので、

特に失業保険をあてにする考えはなく

「とりあえずは何かアルバイトでもやってみよう。」というつもりでいました。

 

また会社では社会保険に加入していたので、

今までは保険料を払うという習慣が無く、

国民健康保険を自分で支払うという事も気づかずに

数ヵ月滞納してしまったという事もあります。

 

ですが、突然トラブルを起こして退社したという訳では無かったので、

退職後も分からない事は会社に連絡して質問するという関係で居る事が出来ました。

何か仕方ない事情ありきでの退職であれば、

急に会社に行くのをやめる等の事をしない限りは円満に退職出来ると思います。

 

そして正式に退職した私は、当分の間はアルバイトを続ける形になり、

2年ほど経った頃でしょうか。

自分の気持ちに整理が付いた私は「やはりあの業界に戻りたい」と思うようになり、

会社の立ち上げからビジネスモデルを作ったという実績のある私は特に苦労せず、

同業他社に転職する事が出来ました。

 

今の会社に限界やストレスを抱えている場合、無理に勤務を続ける必要は無いと思います。

それよりも、数年先の自分をイメージして

転職や辞職に踏み切るという勇気も必要なのでは無いでしょうか。






スキル不足が心配・・・
続けられる職場環境かな・・・
残業や給料が気になる。
次こそは失敗したくない!

マイナビエージェントがあなたの転職を厚くサポートします!


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL