退職金は税金がかかっています

会社を定年退職したり、

依願退職すると退職金がもらえます。

 

金額は、会社の規定によって違うので、

一概にいくらとは言えませんが、

定年退職をしたひとであればかなりの金額がもらえます。

 

一般的にお給料などを貰う時には、

会社が所得税をお給料からひいて、

支給してくれるので私たちがもらう際には、

所得税がひかれた金額になっているので、

会社員の場合は年末調整などで

多くひかれた分の所得税が還付されます。

 

個人で事業をされている人は、確定申告を行い税金を正しく納めます。

会社員でも医療費控除などをうけるために

確定申告をする場合もあります。

 

もちろん退職金にも税金が発生します。

これは、支給する際に会社があらかじめ差し引いているので、

自分で確定申告をする必要はないのですが、

退職後に働いていない人は、確定申告をすると

ひかれた分の所得税が還付される可能性もあります。

 

会社を辞める際には、その年の源泉徴収票も渡されるはずなので、

確実に捨てずに保管しておくべきです。

収入の具合によっては還付されないこともありますが、

年が開けたら一度税務署に言って相談するのもよいでしょう。

 

また、今はインターネットで確定申告の書類を作ることもできますので、

相談に行かなくても自分で入力すれば

いくら税金が返ってくるかを調べることもできます。

退職すると自分で所得税などの管理はしなくてはなりません。

退職金が少ないと思ったらら、還付申請をするだけで、

多くもどってくるかもしれません。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL