退職後にもらった失業保険について

私は、派遣社員として仕事をしていましたが、

そこの派遣会社から契約満了という形で、仕事を退職する事になりました。

 

最初は、3ヶ月の待機期間があってからの失業保険の給付かなと思っていたのですが、

派遣会社が、次の派遣先を紹介しなかったということで、

待機期間が無い状態で失業保険をもらえる事になりました。

 

私の場合の失業保険をもらった流れをまとめていきたいと思います。

 

まず、派遣会社を退職すると、失業保険をもらうための書類が、派遣会社から届きました。

その書類をハローワークに持って行き、手続きをしました。

待機期間の無い、失業保険給付になるということをここで知り、手続きを進めてもらいました。

 

失業保険をもらながら、すぐに次の所を見つけようと思っていたので、

失業保険をもらいながら、新しい所を見つける準備も始めました。

失業保険をもらうために、ハローワークに行って、受給者の説明会というとに参加しました。

自分以外にも、たくさんの人が失業保険をもらうんだなと思うと、なんだか安心できる気持ちになりました。

 

そこで、失業保険をもらうにあたり、ハローワークに定期的に通うという事を説明してもらったりして、

ここで、資料ももらうので、だいたいの事が分ります。

 

私は、ハローワークで失業保険をもらい始めて、1ヶ月以内に新しい仕事が見つかったので、

お祝い金として、残りの支払われる分だったはずのお金の何%かがもらえる事になりました。

なので、早く見つかってうれしかったというのと、

お祝い金をもらえたという事で、お金をもらえる事になり本当に助かりました。

せっかく、失業保険を掛けていたので、ここで支払われたという事で、とても感謝しています。

 

私は、待機期間が無い失業保険をもらうことができたのですが、

3ヶ月の待機期間があると、本当に大変だと思います。

なので、自分が、待機期間無しで行けるかどうかというのは、

ハローワークに行く前にしっかりと調べておいた方が良いと思います。

 

前の職場で発行してもらう離職票には、

自分がどういう理由で退職したかという事がかかれているので、

そこで、自分に不利になる事を書かれていたりしたら、

その書類に同意はせずに、異議申し立てをした方が良いです。

そうすると、ハローワークの方が会社に問い合わせてくれたりします。

 

3ヶ月待つかどうかで、自分の気持ちも全然違ってくるので、

失業保険をもらいながら、安心して次の仕事探しに挑めた方が良いと思います。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL