退職と失業保険

会社を退職する時に、体調不良が原因でもあったので

通院していた病院の診断書を会社に提出をしましたが、

退職の理由は「自己都合」となりました。

 

ハローワークに手続きにいくと、受付では通常の「自己都合」の処理になり、

失業保険は3ヶ月後の給付として進めていました。

 

担当者の方との会話の中で何となく「体調不良で退職をしました。」と話すと、

その場合は、医師の証明書類を提出して受理されれば「会社都合」と同様に

直ぐに失業保険が給付されますと教えてくれました。

その上、健康保険料も2年間減免になるとのことでした。

 

その場でハローワークの規定の医師の証明用用の書類を頂いて、

通院していた医師に依頼して記入をしていただきました。

但し、医師が発行する診断書料と同じ料金は支払いしました。

(その病院によって料金設定は違うと思います。)

後日、ハローワークに医師の証明書を提出すると、その日に受理されました。

 

健康保険料については、前年の収入から保険料が算出されますが、

私の場合は、体調不良もあったので体調を戻すことを考えていて、

直ぐには次の仕事には就かない予定でいたので、減免してもらえた事は大変に助かりました。

 

それから、これも良かったと思えたことですが、失業保険の給付は3回に分けて給付されるので、

都度の給付申請の際には就職活動の実績を2回以上申請書類に記入しなくてはいけないのですが、

ハローワークの窓口での相談することも就職活動の実績に入ります。

 

この場合、ハローワークの就職相談の窓口で番号札を取って相談するのですが、

その際に担当していただいた方が自分に合っていると思えば、指名をする事ができるようです。

 

次から指名したい担当の方に申し出て、次にハローワークに来る日と時間を予約するようになります。

ハローワークに相談に行くたびに相談の担当者が変わってしまうと、

同じような事を繰り返し説明しなくてはいけなくなりますし、

自分に合っていると思う方とお話した方がいろいろな希望や相談がしやすいと思います。

 

今回は大変に勉強になりました。

会社を退職する際には、総務等の担当者もここまでの知識は無いと思いますし、

辞めてしまえば関係のない人になってしまいます。

 

自分で様々な手続きを行わなくてはいけないのですが、

会社の総務担当者よりも知識のない方がほとんどだと思いますし、

恥ずかしいことではないですので「知らないので教えてください。」

というような気持ちで窓口の方には何でも相談してみた方が良いのだと思いました。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL