病気(統合失調症)になって退職しました。

今から10年前の話になりますが、自分は精神病になりました。

その時に勤めていた会社の話をします。

 

自分は某自動販売機飲料会社に勤めていました。

自分はドライバーの仕事をしてみたいと思い、その会社に面接を受けて内定しました。

 

会社に入ったころは、12年前でまだ20代前半のころでした。

病気もかかっておらず一般の健常者でした。

 

最初は、運転の仕事もしたかったし、人との営業でもなかったものですから、

気楽に自動販売機を巡回して仕事をしていました。

 

それから半年を過ぎたのち、いきなり精神病にかかってしまいました。

初めは、頭の中に知り合いである人の声がして驚きました。

その時は、巡回も終えて会社に帰社した瞬間に聞こえてきました。

病気では、幻聴といいますが、それが聞こえてその日はそれだけですぐに帰宅しました。

ですが、次の日からも幻聴が聞こえてきて、

親にも相談せず、自分でも気にせずに仕事に行きました。

 

それから一年半そのまま勤務していました。

自動販売機会社とは一応8時間なのですが、サービス残業も多く、

あまり言えないのですが、ブラック企業に近い会社でした。

自分も病気のことなど気にせずに仕事の帰社時間も徐々に遅くなり、

朝6時半から夜の12時まで働いていました。

 

そして、入社して2年が経とうという時に、

休日に家でコタツに入りながら寝そべっていたら

自分が幻聴に反応してニタニタ笑って、一人でしゃべりだしたりしたもので、

親が不審に思い、精神科の病院に連れていかれました。

その時に、自分は精神病なんだと自覚出来ました。

それから、通院することになり会社も1ヵ月休職しました。

 

それから、1ヵ月経って体も治ったと思い、仕事に就きましたが、

心の方が治っておらず、また会社が3ヵ月待ってくれると言い、休職しました。

また自分も三か月で治ると思ったのですが、

病気の治療も遅れて、病気も慢性化していて、

1年半の重労働もあり、休職の3か月で退職となりました。

 

辞めてからは、2年間働いていたので、失業保険があり、

自分は障害者の立場になったので、失業保険も長く貰えて、300日もらえました。

後、精神病も労災が下りるのでしたが、

それを知っている叔父が後から教えてくれたので、そのころには、貰えませんでした。

 

この記事を観た方には精神病も労災に入るという事がわかったので

このことを知っている方たちは、会社に申告したほうがいいです。

自分も今では別の仕事で病気と二人三脚で生活しながら仕事にも行っています。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL