退職後の健康診断

サラリーマン時代は、年に1回、強制的に

健康診断を受けていましたね。

 

それが退職後になると、健康管理がおそろかになりがちになります。

ましてや自主的に健康診断を受ける人は少数派でしょう。

 

ですが、サラリーマンでない以上、自分の体が資本です。

健康管理にはシッカリと気を配りましょう。

 

各市町村では40歳以上の自営業者や専業主婦、

フリーター、すでにリタイアした人については、

基本健康診査がん検診を実施しています。

 

健診費用は自治体によって異なり、無料のところもあれば、

1000円前後の自己負担が必要なところもあります。

 

 

市区町村が実施する健康診断の診断内容

問診、身体測定(体重・身長・BMI)、
血圧測定、血液検査、尿検査、
心電図、肝機能検査、胸部X線検査
・・・など

 

もう一つは、今や国民の2人に1人がかかっているがん。

 

ほとんどの市区町村で、検診の有効性が証明されています。

「胃がん」「大腸がん」「肺がん」「乳がん」「子宮頸がん」のがん検診を実施していて、

自営業者や主婦はもちろん、会社でがん検診が受けられない人でも、

対象年齢にさえ達していれば、検査ごとに無料あるいは

300~3000円程度の自己負担で検診が受けられるのです。

 

 

市区町村が実施するがん検診の診断内容

対象がん 検査内容 対象者 回数
胃がん 胃部X線検査 40歳以上 年1回
大腸がん 便潜血検査 40歳以上 年1回
肺がん 胸部X線検査 40歳以上 年1回
乳がん 視触診+マンモグラフィー 40歳以上の女性 2年に1回
子宮頸がん 頸部細胞診+内診 40歳以上の女性 2年に1回

 

実は、日本でのがん検診の受診率は低く

例えば、自治体で実施している乳がん検診の受診者は、

いまだに全国で10%前後といいます。

 

欧米では、マンモグラフィー検診を実施したことによって、

乳がんによる死亡が20~30%減りましたが、

日本では、検診受診率も低いことから、乳がん死亡は増える一方です。

女性に限らず、男性もがん検診を積極的に受けるようにしましょう。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL