被扶養者になる



家族の中に、会社員や公務員など、いわゆる勤め人がいる場合は、

失業中の間は、その家族に生活を支えてもらうのであれば、

その家族の被扶養者として健康保険に加入することもできます。

 

家族の健康保険の被扶養者になれば、

自分の保険料負担は必要ありません。

 

家族の健康保険の被扶養者になるためには、

家族と血がつながっていて、その人によって

生計が維持されていることが条件となります。

 

必要な手続きには、被保険者の勤める会社を通じて、

「被扶養者届」に自分の生計が維持されていることを証明する書類と、

課税証明書などを添えて健康保険組合に提出します。

 

ただし、被扶養者として健康保険に加入できるのは、

本人の年収が130万円未満で、かつ被保険者の収入の2分の1未満です。

 

どこの健康保険組合も財源が厳しくなってきていることから、

被扶養者の認定基準は、年々厳しくなってきているようです。

 

また、失業中、雇用保険から失業給付を受けている場合は、

雇用保険も収入と見なされますから、一定の額を超えると、

被扶養者となることができなくなります。

 

ただし、失業給付を受給する前の給付制限期間中や、失業給付の受給が終ってからであれば、

他に収入がなければ、被扶養者となることができます。





退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL