退職後に傷病手当を受給する注意点

傷病手当には条件がありそれをクリアしてないともらえません。

条件をクリアしているということを前提に話をしたいと思います。

 

退職後の傷病手当の申請は退職前から病院に通っていないといけません。

そして退職日に会社に出勤してはだめです。

待期期間という期間があります。

ただ詳しいことになると難しいと思いますので、

必ず退職する前に協会けんぽに連絡して問い合わせしてください。

 

傷病手当の受給中は必ず病院で証明を書いてもらわないといけません。

用紙も傷病手当の申請用の紙もありますのでそれに書いてもらうことになります。

ふつう病院の診断書は高い金額でありますが、傷病手当の記入の料金に関しては300円です。

申請も何か月かに1回でもいいです毎月月の初めに用紙を記入して申請をするのでもかまいません。

 

傷病手当でもらえる額は退職する前の給料の金額により計算されて算出されますので

給料の額が多い人は多くもらえます。

ただどんなに高額な給料だからといって相当な額がもらえるということではありません。

傷病手当も限度額がありその金額からこそ人は一率その金額になります。

 

傷病手当の場合病気やケガさまざまなものに対応しています。

外から見えるけがや病気だけでなく精神的なものの保証もされますので安心できます。

 

傷病手当の場合は働けない人の保証に関してお金をわたしますが内職はまた違っています。

内職は自宅でちょっとした作業をしてからお金を稼ぐことになります。

傷病手当のもらうする条件に関しては仕事をしないのもあります。

ただ内職の場合はまた違ったこともありますので完全にできないというわけではありません。

 

私は傷病手当をもらうだけでは旦那のお給料はそんなになかったので

ちょっとでも稼ぎたくて担当の協会けんぽに問い合わせをしました。

担当者がでて内職にかんして問い合わせしたところ金額によって限度があるといわれてはいたのですが

はっきりとした答えはありませんでした。

 

そして私の場合はクラウドワークスでちょっと月に一万円ぐらいだったので

それを初めていざ申請をするときに用紙の記載の収入の面には

記載しないといけないのかわからなかったのでもう一度問い合わせしたところ

内職はしてはいけませんといわれました。

私は内職を始める前に一度確認していたのでそれを伝えたら

もう一度確認をしますと担当者から言われて電話をまつことにしました。

そして電話がかかってきて内職はしてもいいといわれました。

 

連絡して確認してみてわかったことなのですが傷病手当についてはグレーゾーンがあるような気がします。

はっきりしないこともありますので必ず何度もれんらくして確認をとるほうがいいと思います






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL