少しずつ前へ。突然、始まった鬱。傷病手当て金をもらう。

私は、今でも鬱から抜けきれずにいます。

いつになったら、元の私に戻るのかと毎日、考えながら生きています。

 

元々は、元気にバリバリ仕事に励み、楽しい毎日を送っていました。

離婚して、シングルマザーとして働きに出るようになり、

両親の協力もあり、スーパーのレジのアルバイトを始めました。

子供と2人で暮らす為、必死に働いて貯金をしていました。

 

とうとう、お金が貯まり、子供と暮らす事に。

家賃やら光熱費やらで出費も多かったですが、仕事も順調で、働く時間も増えていきました。

 

ある日、上司から「契約社員にならないか」と声をかけていただき、

ありがたく引き受ける事にしました。

 

試験を受け、見事に合格。

受かったからには、今まで以上に仕事を覚えなくてはいけませんでしたが、

不思議と苦にはなりませんでした。

 

その頃、彼氏もできて、ほんとに充実した毎日を送っていました。

その彼と結婚も決まり、子供が出来たのです。

仕事は、妊娠9ヶ月まで続け、産休に入りました。

 

早く仕事復帰したくて、子供が産まれて半年程で無認可の保育園に入園させ、

ウキウキしながら本社に仕事復帰の連絡を入れました。

 

蓋を開けてみたら、私は違う店に異動となっていました。

がっかりしながらも、また働ける喜びでいっぱいだった私は、

いつしか不安に襲われ、職場に行くのがだんだん嫌になっていったのです。

 

最初は、気のせいだと自分に言い聞かせたり、ただの甘えだと思っていましたが、

昨日は行けたはずの職場に行けない症状が出始めました。

 

だんだん、体がいう事をきいてくれず、

駅までも行けない、玄関から出れない、

と悪くなっていきました。

 

夫にも相談し、病院で診察をしてもらう事にしました。

先生は、「新しい職場だから、少しストレスがたまってしまったかもしれないね、

お薬出しておくから。」と。

心療内科など行った事もなかったので、薬には抵抗があり、最初は飲みませんでした。

病状は、どんどん悪くなっていき、仕事を休む日が増え、最終的には家から出れなくなりました。

 

それに気づいた夫と、また違う心療内科へ。

「何か、気になる事があったら、何でも話して下さい。」と先生から言われ、ふと気づいたんです。

1人で電車やバスに乗れない事、そして仕事に行けない事。

先生は、「それは、日常生活に差し支えあるね。」と話しを聞いてくれ、

「抑うつ状態だね。」と言ってきたのです。

 

私は、びっくりしました。

鬱になるなんて、思ってもいなかったし、これからどうなってしまうのかと。

 

職場に連絡すると、心の病で休める制度がある事を教えていただきました。

その為に、まずは病院の診断書が必要な事、

休んでる間も給料の2/3ぐらいが支払われる事などを聞きました。

 

産休明け、すぐではありましたが、私は休む事を選びました。

書類を何枚も書いた記憶があります。

 

そして、傷病手当をもらいながらの生活が始まります。

 

毎月、病院へ通い、書類を書き、本社へ送る、

それの繰り返しでした。

 

休んでる間は、気がとても楽で、

仕事に行けるんじゃないか、仕事ができるんじゃないかと思う程、

元気になっていきました。

 

3ヶ月だけ、お休みをいただいて、再び復帰。

また他の店に異動でした。

今度こそ!と、最初は行けるんです。

でも、だんだんまた前のように、おかしくなっていくのです。

 

薬も飲んでるから大丈夫と自分に言い聞かせ、家を出て、すぐに諦めて戻って来てしまったり…

駅のホームで乗るはずの電車を見送ってしまったり。

 

どうして?と何度も自分を責めました。

その店にも行けなくなり、また休む事になったのです。

 

また申請して、傷病手当てをもらう生活に逆戻りです。

全部で、1年間は休めると聞いたので、今回はゆっくり休む事に決めました。

2ヶ月に1度、傷病手当てが入るので、友達とご飯に行ったり、子供達と楽しく過ごしました。

 

長かったようで、短かった休みの日も終わりに近づいていました。

仕事を辞めようかとも考えたのですが、もう少しがんばってみようと思い、仕事復帰する事に。

 

今度は、なるべく家から近い所にしてもらう為、上司に相談しました。

すると、また異動でした。

しかも、今度の職場は大きなお店で、私には合わないとすぐにわかりましたが、

がんばる事にしました。

部署もレジではなく、違う部署に配属になり、とてつもないストレスになりました。

 

1ヶ月程がんばりましたが、ダメになり、退職を決意。

残念でしたが、10年間スーパーでの仕事に携わらせていただきました。

それからは、職を転々とする日々が続いています。

 

現在、私は、ずっと昔からやりたかった介護の仕事をしています。

これも、休みがちで、思いきって職場の人に軽い鬱だと打ち明けました。

すると、「ゆっくりでいいから。来れる時に来て。」と優しく言って下さって、

とても有り難かったです。

 

少しずつ、前を向いて、歩き出していますが、

まだまだ薬は手放せないですし、病気とも付き合っていかないとだめみたいです。

苦しいけれど、いつか治る日を夢見て、がんばります。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL