傷病手当をもらって退職した場合

病気やケガで働けなくなった場合に、傷病手当金をもらえる期間は1年6カ月までですよね。

その1年6カ月が経過する前に退職した場合に傷病手当金の支給はどうなるのか心配になります。

 

基本的に退職したという理由だけで傷病手当金の支給がもらえなくなるということはありません。

ただし、退職後に傷病手当金をもらい続けるには通常の傷病手当の支給要件のほかにも、

次の要件をすべて満たす必要があります。

 

まず一つ目の要件が、

「資格喪失の日(健康保険の被保険者でなくなった日)の前日までに

健康保険に1年以上継続して加入していたこと」です。

 

被保険者資格が1年以上継続している必要がありますので、

たとえば入社して数日で病気やケガをして仕事ができなくなった場合に、

待機が終わって傷病手当をもらい始めていたとしても、

その後すぐに退職してしまっては傷病手当金はもらえなくなってしまうというわけです。

 

続いて二つ目の要件が、

「資格喪失した時点で傷病手当金を受給しているか、受給できる条件を満たしていること」

です。

 

退職した時点で傷病手当をもらっている場合には問題ないですが、

たとえば資格喪失直前(退職直前)に病気やケガで働けなくなった場合、

資格喪失時点で待機が終わって支給対象になっていなければ、

退職後に働けない状態が続いていたとしても

傷病手当金は支給されないということになります。

 

いずれにしても退職後にもらえる傷病手当金は、

退職後もまだ傷病手当金の受給期間が残っている場合に

その残った期間だけ継続してもらえるということですので、

期間としては限りがありますし、

退職後に病気やケガ働けなくなってしまっては対象外になりますので

退職時期については慎重に決定しましょう。

 

また退職後に傷病手当金を受給する要件を満たした場合には、

その傷病手当の支給期間は雇用保険の給付対象からは外れます。

 

雇用保険の方はあくまでも働く意志と能力がある人に対する保険給付ですので、

傷病手当金の労務不能という要件を満たしているのであれば

対象から外れるのも当然ですね。

 

最後になりましたが、傷病手当金も当然保険制度の一部である以上、

要件を満たした場合には受給する権利はありますが、

要件を満たしていないにもかかわらず

虚偽の申告をして不正に受給することはあってはならないものです。

 

特に多そうな不正受給の手法として、

アルバイト等で働いて収入を得ながら

「働けない」という虚偽の申告をするパターンがあると思いますが、

内部告発をはじめどこかで不正が発覚する可能性は非常に高いです。

 

不正は世間からも当然厳しい目で見られますし、

健康保険の財政が厳しい現状を考えると、

今後ますます不正に対する取り締まりが強化されることが考えられます。

くれぐれも不正受給は行わないようにしましょう。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL