傷病手当金をもらおう

会社員が病気やケガで会社を休むと、

その間は健康保険から傷病手当金が支給されます。

手当金の額は給料の3分の2で、期間は最長1年6ヶ月間です。

 

傷病手当金をもらえるのは、勤続1年以上の健康保険の被保険者である本人です。

つまり、退職するともらえなくなってしまいます

 

ただし、傷病手当金の対象期間になってから退職すれば

退職後ももらい続けることができます

 

また、勤務期間が1年未満で退職してしまうと、受給資格を満たしていないため、

傷病手当金を受給することができません。

 

勤務期間が1年に満たないで病気や怪我で休業に入る場合は、

できるだけ休業期間を継続して、1年間はその会社に所属した上で

傷病手当金を受給開始してから、会社を退職するようにしましょう。

 

 

傷病手当金の支給条件

①病気やケガの療養のために働けないこと

入院中はもちろん、医師の指示があれば自宅療養も対象。

 

② 4日以上、会社を休んでいること

最初の3日間は給付の対象外です。

連続して3日以上休むと、4日目から支給対象となります。

なお、支給されない最初の3日間は、有給休暇や公休でも問題ありません。

 

③給料が支払われないこと

有給休暇の場合は、支給の対象外です。

 

 

退職後も傷病手当金をもらうには?

在職中に傷病手当金の対象になれば、退職後も受給可能です。

これを、資格喪失後の給付と言います。

 

この給付が受けられるのは、資格を喪失する日の前日までに

継続して1年以上被保険者であった人だけです。

 

 

退職後の傷病手当金の申請方法

退職後の傷病手当金の申請方法には2種類の方法があります。

 

①申請書の申請期間に会社在籍期間が含まれている場合

会社から健康保険傷病手当金支給申請書が渡されますので、

医師に「療養担当者が意見を記入する欄」を記入してもらい、会社に送付します。

それを会社が健康保険組合へ提出してくれます。

 

②申請書の申請期間に会社在籍期間が含まれていない場合

自分で健康保険傷病手当金支給申請書を入手し、

医師に「療養担当者が意見を記入する欄」を記入してもらい、

本人が直接、健康保険組合へ申請書を提出することになります。

※もう雇用主はいないため、「事業主が証明する欄」は空白のままで大丈夫です。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL