傷病手当金は、再受給することが出来ます。

傷病手当金は、業務外の傷病により業務に就くことが出来ず、

事業主から十分な報酬が得られないときに支給されます。

 

同一の傷病につき、支給開始日から最長1年半支給され、

1日につき標準報酬月額の3分の2に相当する額が支払われます。

 

傷病手当金は受給回数に上限が設けられてなく、

1度受給したとしても別の傷病に罹ったときは、受給することが出来ます。

また、同じ傷病で再発した場合でも、

前回の受給開始日より1年半が経過していなければ再受給が可能です。

 

ただ、前回の受給開始日より1年半を超えている場合であれば、

社会的治癒とみなされるかどうかがポイントとなります。

社会的治癒については、医療を行う必要がなく社会復帰している状態で、

働いていても投薬を受けていたり療養所内にいるときは

社会的治癒は認められないと役所の通達で出されています。

 

社会復帰期間中の勤務内容や復帰後の就業期間の長さも考慮されます。

就業期間の長さは、身体的疾患は6ヶ月程度、

精神的疾患は1年から2年程度とされています。

 

前回の受給開始日より1年半を超え、保険者が社会的治癒と判断した場合には、

別の傷病とみなされ、傷病手当金を再受給することが可能です。

 

傷病手当金は、支給申請書に医師や事業主の証明書、

賃金台帳や出勤簿の写しを加入している医療制度の保険者に提出をします。

消滅時効は2年間で、一人で申請するのが大変な場合は、

周囲の協力を得て速やかに提出するようにします。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


傷病手当金は、再受給することが出来ます。 への3件のコメント

  1. malloy322

    現在 うつ病で休業中ですが近日中に社会復帰しようと思っています。これまで傷病手当金で生活して1年になりましたので仕事が出来るのか非常に不安になってしまいました。こうなる事もある程度予測もしていましたが…。次の会社を辞めてしまった場合はどうなるのでしょうか?

    返信

  2. 野村 さよ

    脳梗塞で倒れて1年半の傷病手当金をいただきましたが、社会復帰するには、まだなかなか無理の状況です。それで糖尿病も以前から患っておりまして、前回の傷病手当金は脳外科の先生の方でかいてもらっておりましたが、今後引続き糖尿病の先生の方での傷病手当金の申請は可能でしょうか?

    返信

  3. 堂山 浩子

    1回目の傷病手当を受給後 復職、投薬は受けていましたが2年以上勤務後に再発 2回目の傷病手当を受給することができました。
    今回 2年以上継続治療後再発転移してに入院治療の可能性があります。

    3回目の受給が難しいようであれば、退職して失業保険をもらいながらできる仕事を探すのも良いかとも考えています。
    3度目の傷病手当の申請は可能なのでしょうか?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL