傷病手当金の退職理由

会社で働いていて何らかの病気や怪我をして

働けなくなった時、保証がどうなるのかが気になります。

特に仕事中でない病の時は勤務時間外ですから、

保証の金が支払われるのか心配になります。

 

会社の業務時間外の怪我や病気で働けなくなった時は、

傷病手当金をもらうことができます。

この傷病手当金は仕事以外の体調不良で働けなくなった時に貰えるもので、

制度的に複雑な所があります。

 

例えば働けなくなって3日間休みを取らないと支給されないのですが、

その後に給料が支払われてはいけないです。

つまりある期間働けなくなった時期があって、

その後給料の支払が行われなくなった時に支給される制度です。

 

どちらかというと例外的な制度で、

特殊な状況で起きた問題に対して保証する制度です。

そしてこの制度を利用する時は会社をやめることも多いので、

退職理由をどうするかを考える必要があります。

 

退職をする時は一身上の理由と書くことが多いですが、

この傷病手当金は病気で働けない証明が必要です。

そのため退職理由を病気や怪我で働けなくなったと書く必要があり、

その書類などは病院で作ってもらうことになります。

 

ここで厄介なのは会社から受けたストレスが原因で働けなくなった時ですが、

その場合も会社に説明して書類を作ってもらう必要があります。

医師に相談して書類を作ってもらえば会社側も認めるしかないので、

傷病手当金をもらうためには医師に退職理由を証明してもうといいです。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL