傷病手当金の申請方法

会社員が病気やケガで働けなくなった場合に支給されるのが「傷病手当」。

在職中、傷病手当金を受給するには、以下の条件が揃う必要があります。

 

①病気やケガで仕事をすることができないこと。

②病気、ケガの療養のために、4日以上欠勤していること。

③欠勤して4日目以降の給料を受けていないこと。

④6ヶ月以上社会保険に加入していること。

 

この条件を満たした場合、病院で就労不能の診断書を書いてもらい、会社に提出します。

 

次に、社会保険事務所で傷病手当記入用紙をもらいます。

本人記入欄と医者記入欄があるので、病院で記入してもらって、会社に提出します。

そして、会社から社会保険事務所へ提出されます。

提出されて3週間くらいで傷病手当金が口座に振り込まれることになります。

 

会社に在籍中はこれの繰り返しとなります。

 

でももし、病気やケガで休業して、そのまま退職することになった場合、

「受給していた傷病手当はどうなるの?」と疑問を持っている人もいることでしょう。

 

傷病手当を受給している途中に退職することになった場合であっても、

引き続き傷病手当を受け取ることは可能です。

これを継続給付といいます。

 

ただし、退職後も受給できるのは健康保険の加入期間が1年以上ある時です。

病気やケガで仕事を続けるのが難しい時に、

すぐに会社を辞めてしまうと傷病手当を受給する機会もありません。

あくまでも在職中に傷病手当の受給資格がある人が対象ですので、よく確認しましょう。

 

 

退職後は、傷病手当金の申請は、会社を通さず直接、健康保険組合に提出することになります。

傷病手当金の申請用紙は、最寄の社会保険事務所でもらえますので、

何枚かまとめてもらっておくと、足を運ぶ手間が省けます。

また、電話することで、郵送してもらうことも可能です。

 

 

傷病手当金を申請するタイミング

傷病手当金を申請する時、申請は数か月分を一括で申し込んでも大丈夫でが、

傷病手当金は本来、生活費に充当するものですので、できるだけ、1ヶ月毎に申請するようにしましょう。

 

ちなみに傷病手当金の請求権の時効は2年です。

 

傷病手当金申請の注意点

病手当金申請書には、「本人記入」「事業主(会社)記入」「療養担当者(医師)記入」

と、大きく分けて3か所の記入が必要です。

 

事業主の記入欄には在職中、

事業主が就労しなかった期間や給与の一部支払状況などを記入しますが、

退職後は事業主はいないので、事業主が記入する欄は空白のままで大丈夫です。

 

ちなみに退職のタイミングは、傷病手当金を1回以上、受給してからがオススメです。

そうすれば申請から受給までの段取りもわかりやすいと思います。

 

医師の記入欄には、在職中と変わらず、

医師が「今までやっていた仕事につけないこと」を証明することになります。

傷病手当金は「今までやっていた仕事につけないこと」に該当しなくなったとき、受給がストップします。

 

ちなみに、上記で、傷病手当金は数か月分を一括で申請できると書きましたが、

病院自体は月1回以上、受診する必要があります

受診していなければ医師も就労が可能か不可能かの判断ができませんからね。

 

傷病手当金申請書を提出するコツとしては、

月初めに病院を受診し、医師に必要事項を記入してもらいます。

それからすぐに健康保険組合へ送付します。

これで銀行に振り込まれるタイミングが早まるかと思います。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


傷病手当金の申請方法 への2件のコメント

  1. 堤久美

    退職してから、傷病手当を申請できますか?

    返信

  2. 横路 保廣

    退職後就労不可になった場合と生活保護受給中の場合継続給付出来ますか?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL