傷病手当金の支給額

健康保険に加入している人なら

社会保険、国民健康保険に関わらず

病気や怪我で仕事ができない状態の時、

傷病手当金を受けとることができます。

 

この傷病手当金は病気や怪我の治療のため

療養中の人がその期間、

収入がゼロになるのを防ぐために支払われます。

これは医師の証明さえあれば申請可能なので、

もしもの時のために内容をしっかり押さえておきましょう。

 

傷病手当金の支給額はその人の収入の金額によって違います。

というのも、この手当は標準的な日額報酬の

3分の2の金額が支給額として支払われるのです。

ですから、標準日額報酬が元々多い人と少ない人とでは

その分金額に差がでてしまうということです。

 

ただ、それでも申請さえしっかりすれば

療養中も収入を得ることができるのですから、

利用者としては安心ですね。

 

傷病手当金は仕事に就けなくなって4日目になって初めて、

受け取り資格が発生します。

しかも支給されるのはその4日目からの手当です。

つまり病気や怪我で3日間だけ休んだという場合は

お金は一切支給されないのです。

 

この手当はあくまで中長期間に渡って

療養が必要になった時に必要になるものなので、

長期入院や長期の自宅療養時に適しているのでしょう。

 

さらに、この手当は期間中に給料を得ていない、

もしくは支給決定額よりも給料が少ない場合しか

申請することができません。

4日以上休んでいたとしても、

この条件を満たしていなければ支給されないのです。

 

申請の際は自身がこの条件をクリアしているのかどうかと

しっかり確認しておくことをおすすめします。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL