傷病手当金の支給期間



傷病手当金の支給は、同一のケガや病気に関して、

支給開始日から数えて、1年6ヶ月が限度です。

なお、労務不能となった最初の3日間は支給されません。

 

具体的に支給される期間は、医師による労務不能証明期間までです。

 

ただ、毎回毎回、医師に診断書を書いてもらうとお金もかかりますので、

病気が長期間治らないと感じているようでしたら、

例えば2ヶ月、3ヶ月と長めに書いてもらえるよう相談してみましょう。

 

傷病手当金は、労務可能ならそこで終了です。

 

請求に関しては1ヶ月に1度位の間隔で請求するようにしましょう。

ただし、一定期間薬を飲んでいない場合や、病院に通院していない場合は

病気が完治したものとみなされることがあります。

定期的に通院するよう心がけましょう。

 

ちなみに、傷病手当金は「同一のケガや病気」に対して

1年6ヶ月の間であれば支払われる手当てですので、

受給中に完治して、働き始めた後でも、もし、同じ病気が再発し、

再び休職しなければならなくなった場合でも

通算1年6ヶ月の間であれば、何度でも傷病手当金を受け取ることができます。

 

しかし、まだ病気が完治していないのに、

傷病手当金の支給期間が終わってしまうこともあるでしょう。

そんな時は障害年金の受給を考えてみてはいかがでしょうか。

詳しくは以下のページに書いています。

 

障害を持つ人には障害年金

 





退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL