長年勤めた会社を退職するのは辛い

大学を出て定年まで37年何とか勤め上げてきました、

それまで会社ではいろいろありました、

 

大学を出て会社に新入社員で入り先輩に怒鳴られながら仕事を覚えていき

彼女ができて交際をして結婚

2人の子供にも恵まれて順調に昇進をしてきましたが、

何回か大きな落とし穴がありました、

 

子供ができて幼稚園になったときに単身赴任で海外へ赴任し

その時に妻がさみしさから不倫をしていました、

同僚からの通報で知り帰ってから妻と話し合い離婚は子供が高校を卒業してからと決めました。

相手には当然制裁をしました、相手の奥さんにばらしたのです、

どうなったかは知りません、

 

40歳の時には突然血を吐いて倒れました、

ストレスからの内臓疾患でした、

半年の療養生活で同僚より出世は遅れそれからは家庭第一になりました、

妻とはよく話をするようになり浮気のことも気にならなくなりました。

 

子供が高校を出た時も自分からそばにいてほしいといいました。

泣いて喜んでいました。

家も立て60歳で定年を迎えたときは、

これからは二人で自分たちの新たなことに挑戦したいと話し合いました。

 

仕事も何度もやめたいことはありましたが歯を食いしばり頑張りました。

定年前に会社で慰労会を開いてくれてみんなで胴上げをされて花束をもらい送られました。

 

5年間は定年延長で嘱託でこれます、

仕事は変わらないのですが今までの役職は無し、給料は半分になり

精神的に落ち込みましたが今までと違い責任がありませんですから気楽なもんです。

 

退職金は家のローンが残っていたので残金全額を払い、

家のリフォームをしたらかなり減りました、

そこで二人でヨーロッパ旅行へ行きました、

今までの妻に対しての慰労です、

大変に喜んでくれて子供みたいにはしゃいでいました、

 

それからは半年に一度温泉とか海外国内旅行へ行きました。

有給はたくさん残っていたのでかなり5年間で使いました、

 

嘱託が5年で終わったので正式に会社を退職しました。

会社から退職の書類をもらいハローワークへ失業保険の手続きをしました、

もらえる期間は4か月で年金は65歳なので全額もらえます

その手続きをして現在は年金をもらってます、

仕事がないので毎日ウオーキングと好きな趣味を生かして

SNSで仲間を集めて一緒に遊んでいます。

 

仕事が生きがいの人は頭を切り替えるのが大変ですが、

自分は病気をしてその時にリタイアしたので今考えたらそれがよかったのかと思います、

あのまま順調に言っていたら定年で燃え尽きていたと思います。

後の人生を考えず今頃はぼけ老人になっていました。

人生はなにが幸いするかわかりません。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL