退職日を操作されて悔しかったこと

労働基準法では、解雇をする場合、予期せぬ倒産などの場合を除いては

30日以上前に通告をしなければいけない、とされています。

また労働契約は安易に反故することはできません。

押印をした契約書があれば、その契約書の効力というのは大きなものです。

 

2年ほど前に就業をしていた派遣先で突然解雇されました。

更新をしたばかりだったのですが、ある人にパワハラをされていて、

あまりにも間違ったことをしていたので「そういうことは止めてください」と言ったところ

「態度が悪い」と言われてしまいました。

その派遣先はその人が「黒」と言えば白いものであっても「黒」と言わなければいけないようなところでした。

 

その人の存在そのものが私のストレスになっており、次の更新はしないでおこうと思っていました。

そしたら、突然契約を打ち切られたのです。

 

しかもその時の話で「すぐにでも辞めさせろ」と言ったそうで、

派遣会社の担当者はそれを2週間も言わずに放置していました。

その話が出てから2週間後に「今のところはもう終わりにして、次を探しますから」と言われました。

どういうことがあったのか一切聞かれることもありませんでした。

事実が捻じ曲げられたのです。

 

そして派遣会社からの通告後わずか1週間で退職させられました。

これは労働基準法にも違反をしていることですし、派遣法にも違反をしていることです。

しかし派遣会社から渡された書類にあった退職届は日付けの指定がされたもので、

実際に辞めさせられるという事実が判明してからちょうど1か月後の日付けを記入するように言われました。

その他の書類も「契約期間満了につき」という虚偽の内容で作成されました。

 

当時、労働基準法のこともあまり知らなかったので、素直に従ってしまったのですが、

あとで専門家に相談をしたところ完全に派遣会社が法律に触れないように操作をした、

ということが分かりました。

休業補償に該当をする、と監督署で言われたので請求をしたところ、

理由も告げられず「該当外なので支払いません」と言われただけでした。

 

そこでこの件に関する訴訟を起こすことにしました。

嘘をついてまでお金を支払いたくないという気持ちは伝わってきましたし、真実を話したところ、

派遣先からは「こちらが悪かったので謝りに行ってやってもいい」という回答しかきませんでした。

本当に悪いと思っているのであれば、「謝りに行ってやってもいい」という言葉は出ないはずです。

 

退職に関するトラブルで悩んでいる人はたくさんいるんじゃないか、

と自分が実際に体験をしたことで強く思うようになりました。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL