研修制度が整ってない会社に勤めてしまった

私は派遣で長く仕事をしてきましたが、

いくら短期の派遣とはいえ、研修制度の整ってない会社に勤めたのは初めてでした。

 

ある百貨店の通販商品の受付やクレームに対応するコールセンターの仕事でした。

研修期間を1週間ほど与えられ、研修後、本業務に就くことになっていました。

しかし私が研修を受けたチームは、研修後に2週間以上、仕事が開いてしまいました。

それだけ開いてしまうと、せっかく覚えた研修内容がおろそかになってしまうので、

みんな不安を覚えていました。

 

その不安は的中しました。

研修後、本業務に就く為に出社した初日、

私以外の人はみんな既に本業務に慣れている人達ばかりでした。

みんな自分の業務をこなすことに必死で、私の質問に丁寧に答えてくれる人などいませんでした。

チームを統括する社員の人に聞いても、

驚くべきことに本業務初日の人に教えられる人がいなかったのです。

 

私は出社はしたものの、仕事を教えてくれる人が来てくれず、

ただマニュアルを読んでいるだけの時間を過ごさせられてしまいました。

 

昼休みに派遣会社に電話しました。

こんな状態では全然仕事になりません、環境を改善することができないのであれば、

仕事を継続することは難しいですと言いました。

しかし派遣会社は現場の実態を知らないので、

事実確認に時間を下さいと言うばかりで、なかなかはっきりとした回答をくれませんでした。

 

私は派遣会社の対応にもイライラしてしまいました。

こんな状態では困るので、仕事を辞退させてほしいと申し出ました。

しかしそれでも派遣会社はまともな回答を私に出すことができなかったのです。

 

私はストレスからか体調不良になり、早退させてもらいました。

結局、本業務の教育者を私に就けることが難しいという話になったので、

私はそのまま退職をすることにしました。

 

翌日以降も体調不良が続いていたのですが、何と帯状疱疹になってしまいました。

腰の下の方に皮膚の痛みを感じると思ったら赤く腫れ上がってすごかったので、病院に行きました。

帯状疱疹と診断され、自宅療養を命じられました。

この病気は痛みの病ですからと医者に言われ、

私は踏んだり蹴ったりな気分で帰宅したことを覚えています。

これは明らかに仕事が上手く行かなかったことから来るストレス病だと思いました。

病気は長引き、完治までに半年ほど要しました。

 

もうあんな思いは2度としたくないと思っています。

健康をを害したことで健康の大事さも痛感しました。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL