嫌な退職の思い出

私が今まで勤めていた会社の中で、どうしても2度と働きたくない会社があります。

この会社について、残業が少なかったことで、プライベートの用事があっても、

仕事に差し支えることに関して、トラブルが少なかった。

また、人手が不足していなかったため、残業も断りやすかった。

そして、中小企業にしては、昼休みに食堂があるから、

昼食に関して、たいへん便利で、至れり尽くせりの会社でした。

 

仕事に関しても、やりがいがあって、高度な仕事を任されるようになり、

おかげでぐんぐんと技能を鍛え上げるのができたことによって、

さまざまな経験ができて、仕事への成長にたいへん役に立ったと感じられたことは、

自分にとっては、仕事への成長にたいへん役に立って、

ものすごく勉強になったと感じられました。

 

それでも、私がこの会社を辞めたいと思ったことは、

仕事をちょっとでも失敗するごとに、上司から自分の最初の失敗を根に持って、

叱責され、うつ病寸前になってしまったことで、すぐに辞めたいと思っていました。

 

しかし、職を点々とするのは、良くないとか、

新しい仕事が見つからずに辞めてしまったら、すぐに見つかるはずがないとか、

親戚家族から反対され、

毅然とした態度を取って、辛抱すれば、きっと報われることがあるように言われましたので、

続けて同じ職場で仕事をしていました。

 

しかし報われるどころか、マシンがトラブって、製品が加工できないことに関しての報告をしただけで、

上司から暴言を吐かれたことで、余計にストレスが溜まって、体調がひどくなって入院してしまいました。

 

退院後も体調が改善されず、社会復帰ができなくなってしまい、とうとう会社から退職を強要させられました。

それだけではなく、退職願を無理矢理書かされて、

ハローワークで自己都合退職扱いにさせられ、退職金もくれませんでした。

 

まさか、我慢して辛抱しながら仕事をしても、こんなひどい仕打ちを受けてしまうとは情けなくなりました。

こんなことになる前に何か手立てがあったと思いがちですが、

それともこんな仕打ちを受けるのは、自分にも責任があると世間体で言われがちになってしまうのも、

余計に情けなくなりました。

 

ちなみに、この当時は、工場の海外移転による会社のリストラが流行っていて、

景気が悪くなっている時に、パワハラなどを告発してしまうと、

会社を裏切ってしまう風潮になるので、仕方がなかったのではないかと思っていましたが、

それにもかかわらず、体調がひどくなるまでパワハラを受けて、退職を強要されて、

自己都合退職扱いにさせられたのなら、なぜ労働相談窓口などに行かなかったのかと、

今頃になって、後悔しているところです。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL