元気で明るかったあの子が、退職して実家に戻った訳

私の友人は、製薬会社に勤務していました。

医大系の生物学科を卒業後、ストレートで就職し、

営業職として仕事をスタートしました。

個人医院や大学病院などを回り、薬のセールスをする仕事です。

 

営業の仕事はとても大変で、女性には辛いと、

就職してから数ヶ月後に会った時に話をしていました。

しかし指導担当がとてもいい人で、職場環境は良く、

もう少し頑張ってみようかなと、話をしていました。

 

その当時、私も働いていましたので、彼女が就職してからは、

なかなか時間が合わなくなってしまいました。

 

次に会ったのは、半年後でした。

半年後に会った時、彼女は営業ではなく、

同じ会社で、管理部門の秘書のような仕事をしていました。

営業、コールセンターを経て、その職場になったようです。

やはり、女性に営業は辛いと言っていました。

 

新しい部署は、中堅どころの管理職の男性がたくさんおり、女性は彼女一人でした。

完全な秘書業務ということだったようです。

おじさん達の相手をするのは大変だけど、慣れれば楽な仕事だよ、

とその時は話していました。

 

次に彼女と会ったのは、それから2年後。

私が出産などでバタバタしていたため、時間が空いてしまいました。

 

彼女はもともと、とても明るく、はつらつとした女性でしたが、

その時はやや疲れていたように感じました。

以前と変わらず、その管理部で秘書の仕事をしていました。

しかし、仕事には嫌気がさしていたようです。

それというのも、彼女の上司であるおじさま方が、

つまらない用事ばかり押し付けるからとのことでした。

仕事に、やりがいが見いだせなかったようです。

 

それからさらに1年、今度は、職場を辞めようかなと話していました。

自分でやりたいこともあるということも、話していました。

いつもの笑顔や元気は無く、とても心配になりました。

 

連絡が途切れてしまったのは、それからほどなくしてのことです。

いつも来ていた年賀状が、来なかったのです。

メールをしても、返事はありません。

私が子供を抱えていた為、彼女と会う時には、

いつも自宅に来てもらっていましたから、

付き合うのが億劫になってしまったのかなと思っていました。

 

しかし、違いました。

実は、彼女は体調を崩して、実家に戻っていたのです。

退職した次の年、彼女からの年賀状が復活し、初めてわかりました。

聞けば、職場に後輩が入り、指導にあたっていたのですが、

なかなか難しい人物だったようで、彼女のほうがストレスでやられてしまったのです。

 

彼女にとっては、初めて入った後輩でした。

しかし、とてもネガティブ思考な人物だったそうです。

男性だったのですが、あまりやる気が感じられず、

いつも「はぁ」とか「そうですか」とか気のない返事しか無かったそうです。

指示を出しても、動く気配も無く、会社は休みがち。

話しをする場を作っても、聞いているのかいないのかという状態だったそうです。

 

彼女は職場での信頼が厚かったので、上司は彼女に指導を一任し、

手助けをしようとはしてくれませんでした。

彼女も上司を頼ろうとは思っていなかったようです。

なんとも頼りがいのない上司でした。

 

結果、後輩はどうしようもなく、上司に頼ることもできす、

彼女は精神的に追い詰められてしまいました。

 

なんだか体調が優れないと思っていた矢先、

会社の健康診断で、胃にポリープが見つかりました。

まさか、と思ったそうです。

それを機に、自分を見つめ直すことにした彼女は、退社を決意しました。

 

私に連絡をくれたのは、ポリープの手術が終わり、

気持ちが少し上向いた時、退職から実に半年後のことでした。

 

彼女は、いつも明るく、ハツラツとしていました。

しかし、連絡が途切れる前に会った彼女は、明らかに元気がありませんでした。

退職に至ったのは、仕方のないことだと思います。

今は療養に専念し、また気力が戻ったらどうするか考えると話していました。

全て、職場に恵まれ無かった結果だと思います。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL