保育園の待機児童問題に直面し、退職を余儀なくされました、

私が仕事を退職したのは、25歳の時でした。

高校を卒業してから、8年間勤めた職場でした。

 

私が入社したのは、とある精密機器メーカーでした。

経理に配属されました。

真面目に業務に勤しんでおりましたが、入社から2年後、経営が傾きました。

 

しかし、たまたま運良く親会社に統合されることになりました。

統合される際、勤務地が変わるため、たくさんの人が辞めていきました。

私はたまたま近くの本社に配属になったため、そのまま残ることになりました。

とても良い職場でした。

 

今までより会社の規模が大きくなり、

仕事に対する考え方も厳しくなりましたが、とても充実していました。

上司と良い職場に恵まれ、仕事は大変でしたが、勤め続けることができました。

 

転機となったのは、出産です。

当初は、出産後も復帰する予定でした。

まだ若かったですし、退職する予定はありませんでした。

普通に産休育休を取得し、1年後には復職するつもりでした。

 

ところが、実際に子供が生まれてから、大きな壁にぶつかりました。

当時、保育園の待機児童問題は、大きな社会問題として、

毎日のようにニュースで取り上げられていました。

 

私が住んでいる神奈川県では、横浜市、川崎市の待機児童が多く、

全国的なニュースにもなっていました。

私が住んでいたのは、その次に待機児童が多いとされている自治体でした。

 

子供が生まれたのは10月でしたので、10月から職場に復帰予定でしたが、

当然と言うか、保育園の空きがなく、10月に復帰はできませんでした。

 

保育園に入園しやすいのは、0歳児の4月からとされています。

年度の途中での入園は、空きが出ないとできないため、大変難しいと言われていました。

 

一度は、保育園が空いていないならばという理由で、4月まで復帰を伸ばしていただきました。

4月になれば学年が変わるため、待機児童の空きが出る可能性が高くなります。

 

私は、4月に復帰するチャンスにかけました。

しかし、結果は変わりませんでした。

職場からは、復帰を嘱望されておりましたので、どうするのか打診されましたが、

もうこれ以上引きずるわけにいかないという思いから、

断腸の思いで、退職を決断いたしました。

 

当時、まだ一歳半の子を抱え、これから養育費もたくさんかかるというのに、

退職するのは本当につらかったですが、仕方ありませんでした。

 

翌年から、待機児童問題が大きく取り上げられるようになり、

待機児童問題は、徐々に解消していきました。

しかし、まだまだ保育園への道は狭き門だということを聞きます。

仕事を探しているお母さんも、それだけ多いということなのでしょう。

 

毎年、4月になるとその時のことを思い出します。

前の職場はとても良い職場でしたし、今でも戻りたいと思うことがたまにあります。

しかし通勤には1時間以上かかり、遠かったことも決断の決め手の一つとなったため、

それ以降、連絡等は取っていません。

 

保育園待機児童という単語を、新聞やニュースで見るたびに、

私のような思いをする人が少しでも減ってほしいと、願って止みません。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL