マタハラからの退職

結婚6年目で待望の妊娠!

妊娠5ヶ月目で職場にも報告しました。

 

私の仕事は立ち仕事で、職場には迷惑をかけることと、

人が足りないことはわかっていたので、ギリギリまで働くことを約束して

その日は終わりました。

 

職場の人たちも私が妊娠をのぞんでいることを知っていたので、

突然の報告に驚いてはいましたが祝福してくれました。

つわりは辛かったですが、それでも仕事は普段通りこなしていました。

周りのスタッフも私の体調に気遣ってくれて

楽しく仕事ができる環境に感謝していました。

 

妊娠7ヶ月目になり、お腹もだいぶ目立ち、

職場で支給されているユニフォームがかなり窮屈になってきていた頃、

院長に院長室に呼び出されました。

 

新しいユニフォームでも支給してくれるのかな?

なんてのんきに構えていた私の耳には思いもよらない言葉が…。

 

院長「全然仕事してないよね?」

私「・・・・?はい?」

院長「最近ミスも目立つし、妊婦は注意力が散漫になるらしいじゃないの。医療現場でミスは許されないからね」

私「・・・(ぽかーん)」

 

仕事をサボったこともなく今までかなり院長にも尽くしてきたと思っていた私にとって、

寝耳に水とはこのことでした。

 

院長「ほら、お腹が大きな妊婦を働かせていると、俺が無理やり働かせているように思われるでしょ?

患者さんだって妊婦に診てほしいとは思わないよ!

それにそのユニフォーム・・・もう入らないんじゃない?臨月まで働くだなんて言ってたけど無理だよ!

ギリギリまで働いているのは座り仕事の人だけだよ!

うちは立ち仕事なんだしもうそうそれ以上は無理だと思うよ!」

 

そのあとの言葉は私の耳には入ってきませんでした。

裏切られたというか、そんな風に思われながら仕事を一緒にやっていたのかと思うとただただ悲しく、

悔しい気持ちでいつぱいになりました。

 

そのあと、一応?今後フルタイムで働くのではなく、パートで働いたらどうかという提案はされましたが…。

最後申し訳ない程度に

「俺は◯◯さんの体調とお腹の中の赤ちゃんのことを思って言ったんだからね?」

だそうで。

とてもそんな風には聞こえませんでした。

 

そのあと、院長に言われた内容を他のスタッフにも伝え、

帰ってからは旦那さんと母親に愚痴りました。

本当は出産手当金の支給もあるので、出産予定の1ヶ月前に辞めるのが理想でしたが…。

旦那も母親もスタッフも院長の言った言葉に激怒!

次の日には仕事を退職してくるように強く勧められました。

 

思いがけないお邪魔虫が現れたおかげでアーリーリタイアする羽目になりました。

マタハラは言っている本人は本当にその妊婦さんのことを気遣っているつもりで

言っているのが本当に嫌なところです…。

退職する理由を院長に伝えましたが、「俺はそんなつもりで言っていない」の一点張りでした。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL